証券展望・キムラレポート

ホーム証券展望・キムラレポート過去レポート一覧 | 2022年11月版

株式会社コメ兵ホールディングス (2022年11月版)

【2780】株式会社コメ兵ホールディングス

本社所在地 〒460-0011 名古屋市中区大須3-25-31
設立 1979年5月4日
ホームページ https://komehyo.jp/

2022年3月期

資本金(連結) 1,803百万円
自己資本比率 51.52%
従業員数(連結) 978人
連結事業構成 【連結事業】ブランド・ファッション94(5)、タイヤ・ホイール6(3)、不動産賃貸0(30)【海外】13(2022.3)
株式上場 東証スタンダード,名証メイン
株価 一株益(連) PER(連) 一株純資産 PBR(連) 一株配当 配当利回 年初来高値 年初来安値
10/31終値 23/3期(予) 予想 (連)22/3 実績 23/3期(予) 予想
3,275 258.3 12.7 1,865 1.76 50.0 1.53% 3,660 1,298

※1株益、1株純資産、1株配当金は円単位。各表示未満は4捨5入。(連)連結決算、(予)予想の略。
※1株純利益(赤字&未発表・非表示)、1株配当金(通期配当金額、未発表・非表示)は、2022年10月31日時点の会社予想。

PAGE TOP

展望

リユースからリレーユースへ
 中区大須が本社の同社は、中古ブランド品取り扱いで国内首位を誇る。衣食住不足の1947年、約5坪の「米兵商店」で創業、高度成長期に、宝飾品、カメラ、時計など、取扱品目を拡大、家電品も含むモノ全般の取り扱いを開始した。「いらんものは米兵へ売ろう」のCMが認知され、株式会社米兵を設立、87年にコメ兵と商号変更した。90年代に入り、関東、関西圏へ積極的に出店、既存店も増床し取り扱いを拡大、2004年東証、名証2部に上場後も順調に業績を伸ばした。2020年持株会社体制とし、「コメ兵ホールディングス」に変更、グループ全体で148店舗(22/6末現在)を展開している。

 22/4-6月期事業別売上高構成比(調整額除く)は、ブランド・ファッション94.6%、タイヤ・ホイール5.0%、不動産賃貸0.4%であった。ブランド・ファッション事業は、売上高、営業利益とも前期比大幅な増収増益で、法人販売も好調に推移した。買取の77%が個人(内訳、貴金属45%、時計27%、カバン23%、衣類4%)で、専門店出店やイベント開催により、顧客一人当たりの金額が上昇、個人買取は過去最高となった。なかでも、金製品の買取額は大幅に増加した。またタイヤ・ホイール事業も企画が好調で、同社は、第2四半期および、通期の業績予想を上方修正するとともに、増配の見通しを示した。

 同社の中期経営計画では、2025年3月期売上高1千億円、営業利益55億円を目指しており、前期より1年30店舗以上、3年で100店舗の買取専門店の出店を計画、1店舗年間1億円を目標に、年間30億円(期中15億円)を積み増す計画である。

 戦略として、主力事業のグループ資産を活用しながら、リユース市場での影響力の拡大をめざす。国内では、中核事業の成長と、チャネルの増加、デジタル活用の顧客接点づくりや中古品の価値向上を戦略に置く。海外では、各拠点での新規出店等による買取・販売の強化と、新規拠点開発や海外拠点間の流通網づくりをあげる。また、リユース市場の活性化につなげるビジネスの成長をめざし、FC(フランチャイズ) 展開によるオークションへの出品数の拡大や、会員企業への技術やノウハウ・相場情報の提供、デジタル活用で内外の新規会員企業の獲得をめざす。

 リレーユースの思想で、サステナブル社会の実現をめざす、同社に注目したい。

(戸谷 慈伸)

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会