三英傑シリーズ

ホーム > 三英傑シリーズ

三英傑の名を借りた銘柄選択3つの切り口

厳しい経済環境ではじまった21世紀、皆様におかれましては資産運用に対するご関心を日増しにお感じのことと存じます。証券業を営んで120年の木村証券では、今こそ株式投資の重要性を皆様にお伝えしなくてはならないと考えております。一言に株式と申しましても、国内上場・公開企業だけでも3000社以上あり、玉石混淆のなかから見付け出すことは容易なことではございません。
「良い株式を良い顧客に持っていただきたい」という弊社の願いを込め、「三英傑シリーズ」と郷土が生んだ英雄にちなんで株式を幅広く皆様にご提供できればと存じる次第です。
三英傑の名を借りて銘柄選択の切り口を三つに分け、投資スタンスが少しでもわかりやすくなればと考えました。

  • 即断即決、短期で見極める。信長コース

    株式投資にはタイミングが重視されます。株式相場の状況や今後の展開をふまえ、需要やテクニカルを重視しながら機会を捉えた時に原則的に選びます。
    時空を超えて夢とロマンに馳せたアグレッシブ(攻撃的)な信長にちなみました。

  • 中・長期の成長性を見極める。秀吉コース

    投資対象を企業の成長力と位置づけ、収益価値の集約EPS(=一株当たり利益)を基準として、原則的に当数値が今後増大すると予想されるものから選びます。 日吉村の農家から太閤になった成長性にちなみました。

  • 本質価値・安定性を冷静に見極める。家康コース

    投資対象を本質価値に位置づけ、市場時勢によって過小評価されているものを本質価値の集約BPS(=一株当たり純資産)を基準として、原則的に当数値がPBR平均以下のものから選びます。徳川300年の基礎を築いた着実な安定性にちなみました。

「三英傑シリーズ」2019年4月版

信長コース 注目ポイント
(1893)五洋建設 海洋土木の大手。臨海部と海外に強み。18/4—12期部門別売上高構成(その他、調整額除く)、国内土木35.2%、国内建築32.5%、海外建設32.3%。シンガポール、香港のインフラ投資旺盛で複数の大型工事受注。洋上風力発電施設向け、国内初大型クレーン搭載SEP型多目的起重機船「CP‐8001」を完成。
(2531) 宝ホールディングス 傘下に宝酒造、タカラバイオ等。焼酎・みりん最大手、チューハイ・清酒も有力。海外積極展開、アルコール以外にも日本の食材の卸売が順調。18/4—12期事業別売上高構成(その他、調整額除く)、宝酒造59.0%、宝酒造インターナショナル28.2%、タカラバイオ12.8%。再生医療等製品関連の開発・製造支援ビジネスでトップシェア。
(4739)伊藤忠テクノソリューションズ SI(システムインテグレーション)大手。システム提案、設計、導入、教育、保守を一貫サービス。情報通信向けシステム開発堅調。IoTやデジタル技術活用のデータ分析案件増加。18/4—12期部門別売上収益構成比、流通・エンタープライズ33.2%、情報通信35.1%、広域・社会インフラ11.1%、金融9.5%、ITサービス3.0%、その他8.1%。
(4902)コニカミノルタ 複合機中堅。カラー機が欧米など先進国向け、成長国は低高速機とも伸長。18/4—12期部門別売上高構成(その他、調整額除く)、オフィス58.1%、プロフェッショナルプリント22.0%、ヘルスケア8.1%、産業用材料・機器11.8%。業界初の自動リカバリー印刷機能を備えた「自動検品システム」をプロフェッショナル向け印刷機で発売。
(6965)浜松ホトニクス 世界シェア約90%の光電子増倍管、レーザーなど光技術の先端企業。検体検査、リチウムイオン電池X線検査装置向け堅調。18/10—12期部門別売上高構成(その他、調整額除く)、電子管41.0%、光半導体48.0%、画像計測機器11.0%。自動運転車向け「4チャンネルパルスレーザダイオード」開発に成功、サンプル出荷予定。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(1721)コムシスホールディングス 国内電気通信工事最大手。18/4—12期事業区分別売上構成、NTT設備46.5%、NCC(NTTグループ以外)設備9.0%、ITソリューション14.5%、社会システム関連等29.9%。 再生可能エネルギー事業、スマート社会向け公共投資・ICT(情報技術)投資向けに事業領域拡大狙う。18/10西日本の通信会社3社を経営統合。
(3405) クラレ 機能性樹脂ポバール等と加工した各種フィルム、人工皮革など独自製品多数。18/1—12期部門別売上高構成(その他、調整額除く)、ビニルアセテート41.6%、イソプレン8.5%、機能材料19.6%、繊維9.6%、トレーディング20.7%。液晶ディスプレー向け等好調。タイに住友商事共同出資のブジタエン誘導品生産プラントを建設。
(6857)アドバンテスト 半導体検査装置世界大手。DRAM向けトップ。18/4—12期事業別売上高構成(調整額、消去または全社除く、カッコ内営業利益ベース)、半導体・部品テストシステム74.1%(90.3%)、メカトロニクス関連14.8%(1.9%)、サービス他11.1%(7.8%)。投資抑制により足元減速だが18/4の中期経営計画の目標指標達成に努力。
(7202)いすゞ自動車 国内トラック製造販売大手。国内横ばいだが、タイ、アフリカで販売増加。18/4—12期海外地域別売上高構成(連結売上高の62.2%)、北米13.2%、アジア(タイ、中国、フィリピン、マレーシア)48.4%、その他(サウジ、オーストラリア、コロンビア、南アフリカ、イタリア)38.4%。政府が2022年に目指す高速道路トラック隊列走行の公道実証に参画。
(8729)ソニーフィナンシャルホールディングス 生保、損保、銀行を傘下に持つソニー系金融持株会社。18/4—12期事業別経常収益構成(その他除く、カッコ内経常利益ベース)、生命保険89.3%(80.7%)、損害保険7.7%(9.9%)、銀行3.0%(9.4%)。介護事業も手掛ける。生保運用損益悪化だが家族収入保険契約、損保の自動車保険料収入は順調に推移。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(4188)三菱ケミカルホールディングス 総合化学国内首位。18/4—12期部門別連結売上収益構成(その他・調整額除く、カッコ内コア営業利益)、機能商品32.0%(22.8%)、ケミカルズ35.5%(40.7%)、産業ガス17.9%(15.6%)、ヘルスケア14.6%(20.9%)。水処理関連子会社2社を19/4付合併、上水から排水までワンストップ対応に向け体制強化。
(5020) JXTGホールディングス 石油元売り最大手。18/4—12期部門別売上高構成(その他、調整額除く、カッコ内営業利益)、エネルギー89.0%(71.9%)、石油・天然ガス開発1.4%(13.9%)、金属9.6%(14.2%)。原油高、銅価格上昇で3部門とも増収。統合の相乗効果の早期達成努力。2月より家庭向け都市ガス「ENEOS都市ガス」開始。
(5201) AGC ガラス最大手、旧社名旭硝子。18/4—12期部門別売上高構成(調整額除く、カッコ内営業利益)、ガラス48.1%(18.7%)、電子16.1%(20.0%)、化学品30.8%(59.0%)、セラミックス・その他5.0%(2.3%)。苛性ソーダ価格上昇と連結会社増加で化学品好調。自動車用ガラスアンテナ開発拠点を業界初日米欧3極に構築。
(7203)トヨタ自動車 自動車世界大手。日野、ダイハツは傘下。トヨタ、レクサス2ブランドを柱に世界展開。18/4—12期地域別車両販売台数比率(米国基準)、国内23.8%、北米31.2%、欧州10.8%、アジア19.0%、中南米5.2%、オセアニア3.2%、中近東4.4%、アフリカ他2.4%。19/1パナソニックと車載用角形電池事業の合弁会社設立合意。
(8031) 三井物産 18/4—12期部門別利益構成(親会社所有者に帰属、その他、調整・消去前)、金属資源37.1%、機械・インフラ16.2%、エネルギー25.3%、生活産業9.5%、化学品6.8%、鉄鋼製品3.0%、次世代・機能推進2.1%。中核事業と成長分野(モビリティ、ヘルスケア、ニュートリション・アグリカルチャー、リテール・サービス)強化へ経営資源配分。
三英傑シリーズ 前版を見る

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会