三英傑シリーズ

ホーム > 三英傑シリーズ

三英傑の名を借りた銘柄選択3つの切り口

厳しい経済環境ではじまった21世紀、皆様におかれましては資産運用に対するご関心を日増しにお感じのことと存じます。証券業を営んで120年の木村証券では、今こそ株式投資の重要性を皆様にお伝えしなくてはならないと考えております。一言に株式と申しましても、国内上場・公開企業だけでも3000社以上あり、玉石混淆のなかから見付け出すことは容易なことではございません。
「良い株式を良い顧客に持っていただきたい」という弊社の願いを込め、「三英傑シリーズ」と郷土が生んだ英雄にちなんで株式を幅広く皆様にご提供できればと存じる次第です。
三英傑の名を借りて銘柄選択の切り口を三つに分け、投資スタンスが少しでもわかりやすくなればと考えました。

  • 即断即決、短期で見極める。信長コース

    株式投資にはタイミングが重視されます。株式相場の状況や今後の展開をふまえ、需要やテクニカルを重視しながら機会を捉えた時に原則的に選びます。
    時空を超えて夢とロマンに馳せたアグレッシブ(攻撃的)な信長にちなみました。

  • 中・長期の成長性を見極める。秀吉コース

    投資対象を企業の成長力と位置づけ、収益価値の集約EPS(=一株当たり利益)を基準として、原則的に当数値が今後増大すると予想されるものから選びます。 日吉村の農家から太閤になった成長性にちなみました。

  • 本質価値・安定性を冷静に見極める。家康コース

    投資対象を本質価値に位置づけ、市場時勢によって過小評価されているものを本質価値の集約BPS(=一株当たり純資産)を基準として、原則的に当数値がPBR平均以下のものから選びます。徳川300年の基礎を築いた着実な安定性にちなみました。

「三英傑シリーズ」2020年1月版

信長コース 注目ポイント
(2593)株式会社伊藤園 茶葉製品、緑茶系飲料最大手。「タリーズコーヒー」、「チチヤス」など傘下。昨年30周年の「おーいお茶」がギネス記録認定。19/5-10期チャネル別売上構成比、スーパー43%、コンビニ28%、自動販売機15%、その他14%。大型ペット値上げ利益率改善。海外向け緑茶製品伸長。春に豪で緑茶ティーバッグ工場稼働へ。
(6754) アンリツ 通信関係計測器、食品検査機大手。「5G」導入でスマートフォン開発向け計測機器の販売順調。19/9期事業部門別売上収益構成比、T&M(計測)70.6%、PQA(プロダクツ・クオリティ・アシュアランス)21.5%、その他7.9%。昨年9月米サンディエゴにモバイル向けR&Dセンター開設。医薬品品質保証ビジネスの拡大にも注力。
(6902)株式会社デンソー 自動車部品世界2位。19/9期トヨタ向け売上収益45.5%。同期地域別売上収益構成比、日本49.6%、北米18.7%、欧州9.7%、アジア20.8%、その他1.2%。「電動化」、「先進安全・自動運転」、「コネクティッド」、「ファクトリーオートメーション・農業」の4つの重点技術分野に注力。5000億円規模の研究開発費投入。
(8267) イオン GMS(総合スーパー)中心に不動産、金融、専門店展開。19/3-8期事業別営業収益構成比(その他、調整額除く)GMS33.3%、SM(スーパーマーケット)34.9%、ヘルス&ウェルネス9.5%、総合金融5.2%、ディベロッパー4.0%、サービス・専門店8.2%、国際4.9%。アジアでEコマースなどデジタルシフト推進。19/6ベトナム1号店2倍に増床。
(9090)株式会社丸和運輸機関 小売業向け3PL(サードパーティ・ロジスティクス・物流一括請負)。「桃太郎便」ブランドで宅配。低温食品物流に強い。関東エリア74拠点(19/9現在)。19/7-9期ドメイン別売上構成比、EC・常温(取引先Amazon、ダスキン、ニトリ他)37.8%、食品(コープ他)40.5%、医薬・医療(マツモトキヨシ、アルフレッサ他)21.6%。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(3402) 鉄建建設 鉄道工事に強いJR東日本系ゼネコン(19/3期鉄道向け44.1%)。19/4-9期売上高構成比(その他、調整額除く)土木49.1%、建築36.4%、不動産0.6%、付帯13.9%。不動産事業強化で4月新子会社設立。五輪直前の駅改良工事が竣工中。「品川開発プロジェクト」、「羽田空港アクセス線」など、大型案件の受注獲得目指す。
(4901)富士フィルムホールディングス 写真、複写機、医療、印刷、液晶材料など展開。富士ゼロックスを完全子会社化し持分利益増。19/4-9期事業部門別売上高構成比、イメージング13.6%、ヘルスケア&マテリアルズ43.5%、ドキュメント42.9%。病院向けITシステム、バイオ医薬品の製造受託が好調。7月めどに約1,790億円で日立の画像診断関連事業買収。
(6501)株式会社日立製作所 非中核子会社売却で構造改革。19/4-9期事業別売上収益構成(全社及び消去除く)IT22%、エネルギー3%、インダストリー8%、モビリティ12%、ライフ15%、ハイテク8%、建機10%、金属10%、化成7%、その他5%。ホンダ系3社統合し傘下へ。三菱重と南アフリカプロジェクト和解。昭和電工の日立化成TOBに応募。
(7550)株式会社ゼンショーホールディングス 「すき家」、「はま寿司」、「ココス」、「なか卯」、「ジョリーパスタ」展開中。調達・製造・加工、物流、販売まで自社管理で行うMMD(マス・マーチャンダイジング・システム)構築。海外進出強化。19/4-9期部門別売上高構成比、牛丼35.1%、レストラン19.4%、ファストフード23.9%、小売12.7%、その他8.9%。
(8088) 岩谷産業 19/4-9期事業別営業利益構成(その他、調整額除く)総合エネルギー19.6%、産業ガス・機械52.5%、マテリアル21.7%、自然産業6.2%。LPガス価格下落で減収も、防災でカセットコンロ・ボンベの販売健闘。19/10米産業ガス販売会社ASGを買収、事業強化。21/5めどに中国でエアセパレートガス及び水素ガスの新プラント建設へ。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(4005) 住友化学 総合化学大手。有機EL向け偏光フィルム高シェア。19/4-9期売上収益構成(その他、調整額除く)石油化学32.5%、エネルギー・機能材料12.4%、情報電子化学19.0%、健康・農業関連13.5%、医薬品22.6%。今期は石油化学、健康・農業が減益。5G基板材料にLCP(液晶ポリエステル)需要期待。高分子有機EL発光材料を投入。
(5020)JXTGホールディングス 石油元売り最大手。19/6サービスステーションを「ENEOS」に統一。20/6事業持株会社へ移行し「ENEOSホールディングス」に社名変更。19/4-9期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)エネルギー88.5%、石油・天然ガス開発1.2%、金属10.3%。プリファード・ネットワークスに出資、プラントの自動運転目指す。
(8058) 三菱商事 19/4-9期収益構成(その他、調整・消去除く)天然ガス3.4%、総合素材13.2%、石油・化学31.5%、金属資源11.3%、産業インフラ2.0%、自動車・モビリティ4.5%、食品産業11.0%、コンシューマー産業22.3%、電力ソリューション0.5%、複合都市開発0.3%。NTTとデジタルトランスフォーメーション推進を目指し業務提携。
(8316)(株)三井住友フィナンシャルグループ 銀行、リース、証券、クレジットカード、コンシューマーファイナンス等展開する金融グループ。19/4-9期事業部門別業務純益構成、リテール15.6%、ホールセール27.5%、国際25.0%、市場31.9%。有人店舗での住宅ローン取扱縮小。英資産運用会社TTインターナショナル買収、 海外展開強化。日興証券はHEROZと業務提携。
(9506) 東北電力 東北6県と新潟県に供給。原発は停止中。19/4-9期販売電力量は減少もエリア外への販売、燃料調整額は増加。19/8より能代で高熱効率の火力発電の試運転開始。23/6完成予定で上越火力建設に着手。東北・新潟エリアで風力など再生可能エネルギー発電事業計画に出資、開発・参画。4月より送配電部門を分社化。
三英傑シリーズ 前版を見る

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会