三英傑シリーズ

ホーム > 三英傑シリーズ

三英傑の名を借りた銘柄選択3つの切り口

厳しい経済環境ではじまった21世紀、皆様におかれましては資産運用に対するご関心を日増しにお感じのことと存じます。証券業を営んで120年の木村証券では、今こそ株式投資の重要性を皆様にお伝えしなくてはならないと考えております。一言に株式と申しましても、国内上場・公開企業だけでも3000社以上あり、玉石混淆のなかから見付け出すことは容易なことではございません。
「良い株式を良い顧客に持っていただきたい」という弊社の願いを込め、「三英傑シリーズ」と郷土が生んだ英雄にちなんで株式を幅広く皆様にご提供できればと存じる次第です。
三英傑の名を借りて銘柄選択の切り口を三つに分け、投資スタンスが少しでもわかりやすくなればと考えました。

  • 即断即決、短期で見極める。信長コース

    株式投資にはタイミングが重視されます。株式相場の状況や今後の展開をふまえ、需要やテクニカルを重視しながら機会を捉えた時に原則的に選びます。
    時空を超えて夢とロマンに馳せたアグレッシブ(攻撃的)な信長にちなみました。

  • 中・長期の成長性を見極める。秀吉コース

    投資対象を企業の成長力と位置づけ、収益価値の集約EPS(=一株当たり利益)を基準として、原則的に当数値が今後増大すると予想されるものから選びます。 日吉村の農家から太閤になった成長性にちなみました。

  • 本質価値・安定性を冷静に見極める。家康コース

    投資対象を本質価値に位置づけ、市場時勢によって過小評価されているものを本質価値の集約BPS(=一株当たり純資産)を基準として、原則的に当数値がPBR平均以下のものから選びます。徳川300年の基礎を築いた着実な安定性にちなみました。

「三英傑シリーズ」2019年7月版

信長コース 注目ポイント
(6113)(株)アマダ ホールディングス 世界トップクラスの金属加工機械メーカー。板金加工機は国内トップ。19/3期地域別売上収益構成、日本44.1%、海外55.9%(北米20.0%、欧州18.6%、アジア他17.3%)。人材不足、自動化需要の高まりや加工技術の高度化によりプレス加工機械事業を新会社に承継、総合的な自動化ソリューション提供を目指す。
(6770)アルプス アルパイン アルプス電気とアルパインが、19年1月に経営統合。コアデバイス技術とシステム設計力及びソフトウエア開発力を深化・融合。19/3期地域別売上高構成中国19.7%、日本18.6%、アメリカ16.0%、ドイツ9.5%、アジア・その他36.2%。スマートフォン向け減速だがCASE対応で車載市場向けは堅調。「革新的T型企業」目指す。
(6971) 京セラ 電子部品の総合メーカー。19/3期事業部門別売上高構成(その他・調整、消去除く)部品(産業・自動車用部品19.2%、半導体関連部品15.2%、電子デバイス22.3%)、機器・システム(コミュニケーション15.4%、ドキュメントソリューション23.0%、生活・環境4.9%)。5G開始とADAS(先進運転支援システム)関連の需要けん引期待。
(9086)(株)日立物流 日立系。3PL(物流一括請負)が中核。16年SGHDと資本提携。19/3期部門別売上収益構成(カッコ内営業利益)国内物流61.1%(70.8%)、国際物流36.1%(22.8%)、その他2.8%(6.4%)。メディカル関連等の3PL堅調、SGHDとの協創・協業推進中。4月からシンガポールでSGHDと拠点一体運営開始。
(9719) SCSK 住商情報、CSK合併のIT大手。7期増収増益。サービス特性別19/3期区分別売上高構成、システム開発39.1%、保守運用・サービス37.4%、システム販売23.5%。中期経営計画でサービス提供型ビジネスへのシフト、車載システム事業など戦略的事業の推進、顧客の海外展開に伴うグローバル戦略の3つを基本戦略で推進。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(3086)J.フロント リテイリング 大丸、松坂屋が統合。19/2期事業別営業利益構成(その他・調整額除く)百貨店66.0%、パルコ14.9%、不動産12.7%、クレジット金融6.4%。百貨店、不動産、クレジット金融増収。4月幼児保育事業を横浜で開始。今秋、渋谷パルコと大丸心斎橋店本館開業予定、隣接北館を不動産賃貸のビジネスに転換検討。
(5333)日本ガイシ ガイシが祖業。19/3期事業別売上高構成(事業間売上消去後)電力関連11%、セラミックス54%、エレクトロニクス13%、プロセステクノロジー22%。エレクトロニクス新製品チップ型セラミックス2次電池「EnerCera (エナセラ)」4月から量産、増収見込む。窒化ガリウムウェハー「FGAN(エフガン)」2019年半導体用電子材料部門でグランプリを受賞。
(5711)三菱マテリアル 総合材料メーカー。19/3期事業別売上高構成(調整額除く)高機能製品29.8%、加工9.0%、金属37.6%、セメント10.3%、その他13.3%。事業ポートフォリオの最適化から3つのカテゴリーに分け選択と集中を推進。事業競争力の追求とともに次世代自動車やIoT・AIなど新製品・新事業の創出・育成を目指す。
(6594) 日本電産 精密小型モーター大手。HDD用首位。19/3期製品別売上高構成(消去又は全社除く)精密小型モータ28.6%、車載19.3%、家電・商業・産業用35.0%、機器装置11.7%、電子・光学部品5.0%等。車載向け電動パワステ用モータと次世代ブレーキ用モータでグローバル市場のシェア拡大目指す。トラクションモータの本格受注開始。
(7282) 豊田合成 トヨタ系合成樹脂、ゴム部品メーカー。19/3期事業品目別連結売上高構成比ウェザストリップ製品15.4%、機能部品16.2%、内外装部品39.7%、セーフティシステム製品28.7%。「e‐ラバー」、「パワー半導体(GaN)」、高付加価値LEDなど革新技術の早期事業化を目指す。シチズン電子とLED関連特許のクロスライセンス契約締結。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(1928)積水ハウス 住宅メーカー大手。20/2‐4期事業別売上高構成比(その他除く)戸建住宅18.6%、賃貸住宅20.9%、リフォーム事業7.1%、不動産フィー29.1%、分譲住宅8.1%、マンション4.3%、都市再開発3.1%、国際8.8%。不動産は仲介賃貸事業本部を設立。鳳ホールディングスを10月に連結子会社化予定で鴻池組との連携強化。
(4005) 住友化学 総合化学大手。19/3期部門別売上収益構成比(その他・調整額除く)石油化学33.4%、エネルギー・機能材料12.7%、情報電子化学17.4%、健康・農業関連事業15.0%、医薬品21.5%。リチウムイオン二次電池セパレータ、タッチセンサーパネル好調。飼料添加物「メチオニン」や農薬が海外向けに増加。スミカエクセルPES生産増強。
(7259)アイシン精機 トヨタ系機能部品大手。AT(自動変速機)世界シェア1位。19/3期製品別売上構成エンジン9.5%、ドライブトレイン46.2%、ブレーキ・シャーシ17.6%、ボディ19.5%、情報4.1%、住生活1.4%等。事業環境変化に対応しミシン・ベッド事業廃止、子会社やマネジメント機能を統合。電動化商品(HVトランスミッション、eAxle等)積極投入。
(8053) 住友商事 総合商社一角。19/3期事業別収益構成(消去又は全社除く)金属27.3%、輸送機・建機14.5%、インフラ10.1%、メディア・デジタル7.1%、生活・不動産19.2% 資源・化学品21.8%。バングラデシュ・ダッカ近郊経済特区開発で合意。CATV光ファイバー網に5G無線組合わせの実証開始。フィリピンバナナ子会社売却予定。
(8316)(株)三井住友 フィナンシャルグループ 傘下に三井住友銀、SMBC日興証券、セディナ等。19/3期連結業務純益構成(本社管理等除く)ホールセール33.4%、リテール18.9%、国際27.2%、市場20.5%。 デジタル化をイノベーション(DI)とトランスフォーメーション(DX)の両輪で推進。三井住友カードがDCMホールディングスとキャッシュレス決済で提携。1000億円上限自社株買い。
三英傑シリーズ 前版を見る

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会