証券展望・キムラレポート

ホーム証券展望・キムラレポート過去レポート一覧 | 2020年3月版

ブラザー工業(株) (2020年3月版)

【6448】ブラザー工業(株)

本社所在地 〒467-8561 名古屋市瑞穂区苗代町15−1
設立 1934年1月15日
ホームページ https://www.brother.co.jp/

2019年3月期

資本金(連結) 19,209百万円
自己資本比率 59.9%
従業員数(連結) 37,769人
連結事業構成 【連結事業】プリンティング等59(13)、パーソナル&ホーム7(9)、マシナリー15(9)、NW&コンテンツ7(4)、ドミノ他12(5)【海外】82(2019.3)
株式上場 東証1部,名証1部
株価 一株益(連) PER(連) 一株純資産 PBR(連) 一株配当 配当利回 年初来高値 年初来安値
2/28終値 20/3期(予) 予想 (連)19/3 実績 20/3期(予) 予想
1,923 171.3 11.2 1,635 1.18 60.0 3.12% 2,364 1,517

※1株純利益(予想)・1株純資産(実績)・1株配当金(予想)の各数値は円単位。各表示未満は4捨5入。 (連)・連結決算、(予)・予想の略

PAGE TOP

展望

At Your Side の精神
 同社は、1908年ミシンの修理・部品製造の「安井ミシン商会」が始まり。「日本ミシン製造」を創業、28年「麦わら帽子製造用環縫ミシン」を製造時に、兄弟協力による製造から商標を「ブラザー」としたのが同社の所以である。その後、国産初の家庭用ミシンを製造、独自開発と蓄積した技術を駆使し、事業の多角化により、新市場開拓とともに今日に至っている。

 19/4-12期事業部門別売上収益構成比(調整額除く)は、プリンティング・アンド・ソューションズ(以下P&S)60.3%、パーソナル・アンド・ホーム(以下P&H)6.4%、マシナリー11.7%、ネットワーク・アンド・コンテンツ7.6%(以下N&C)、ドミノ10.4%、その他3.6%。18年度地域別売上収益構成比は、米州30.5%、欧州26.4%、アジア他24.9%、日本18.2%であった。

 P&Sは、個人や少人数のワークスタイルに対応した熱転写ファクスや、レーザー小型複合機が中心の通信・プリンティング機器と、「ピータッチ」ブランドのラベルライター、プリンターの電子文具があり、同社の主力事業。
P&Hでは、家庭用ミシンから刺繍用、カッティングマシン等を、マシナリーは、工業用ミシン、ガーメントプリンター、工作機械、減速機、歯車などをメーカー向けに製造している。N&Cは、通信カラオケ、店舗運営とコンテンツサービスを、ドミノは、15年に英国ドミノプリンティングサイエンスを子会社化し、コーディング・マーキング機器、デジタル印刷機などの製造・販売を行っている。

 昨年、同社は中期戦略を策定。4つの優先事項(①プリンティング領域での勝ち残り②マシナリー・FA領域の成長加速③産業用印刷領域の成長基盤構築④スピード・コスト競争力のある事業運営基盤の構築)を中心とした改革を推進中である。

 現在、新興国向けのインクジェットプリンターモデルが好調に推移、大容量モデルやトナー継ぎ足し型モデルが拡大しているうえ、トナーの純正率も品質への安心から急速に伸びている模様。また、買収したドミノブランドの販売力とサービス力を最大限に活用し、産業用印刷拡販を目指す。

 “At Your Side” の精神で新しい価値の創造を目指す同社に注目したい。


(戸谷 慈伸)

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会