三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2018年3月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(5108)ブリヂストン タイヤ売上高世界首位。今期はタイヤ値上げ効果や数量増、天然ゴム等の原材料価格安定の見通しで営業利益は増益予想。資源価格上昇で建設・鉱山車両用タイヤが好調、同タイヤ交換時期案内をシステム化。メンテナンス事業推進。パンクでも一定距離走行可能なランフラットタイヤ、低燃費タイヤ等の高付加価値品が伸びる。
(6503)三菱電機 シーケンサー等の自動制御機器が好調。工場・都市整備・スマートタウンなどIoT推進。ロボット・自動運転で高技術。17/4-12期営業利益構成比(消去他除く)、産業メカトロニクス(FA、自動車機器等)57.5%、家庭電器(空調機器等)19.1%、重電システム(電力、交通、昇降機等)10.4%、電子デバイス(パワー半導体等)4.7%等。
(6971)京セラ 安全運転支援機能向け通信機器やセンサーカメラ等の車載事業拡充を目指す。データセンター向け半導体需要、半導体製造装置向けセラミック部品が好調。17/4-12期部門別売上構成比、電子デバイス19.5%、産業・自動車用部品18.0%、半導体関連部品17.1%、ドキュメントソリューション23.3%、コミュニケーション15.8%等。
(6976)太陽誘電 積層セラミックコンデンサ(電気を一時的に蓄える機能)大手、データセンター等の産業機器向けが好調。EVの進展等で自動車向け高電圧・大容量コンデンサ需要が伸びる予想。車載向け売上増加に注力。18/3期予想製品別売上構成、コンデンサ58.4%、フェライト及び応用製品17.1%、複合デバイス23.3%、その他1.2%。
(7267)ホンダ 17/4-12期事業別売上構成比(外部顧客)、4輪70.7%、2輪13.3%、金融サービス13.9%等。同期仕向地別売上構成、北米52.9%、アジア25.0%、日本12.1%、欧州4.2%等。 EV・PHV・自動運転車拡充。中国でSUV中心に新車販売好調。2輪車が新興国で堅調。小型ビジネスジェット機販売が伸びる。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(5802)住友電気工業 自動車用ワイヤーハーネス(組み電線)世界首位級。光海底ケーブル用の光ファイバーや5G導入による光ファイバー需要が拡大の予想。17/4-12期部門別連結営業利益構成比(調整額除く)、自動車59.3%、情報通信9.3%、エレクトロニクス3.2%、環境エネルギー11.3%、産業素材他16.9%。大型蓄電池のレドックスフロー電池展開。
(5938)LIXILグループ 17/4-12期部門別売上構成比(調整額除く)、ウォーター(衛生機器、バスルーム、洗面化粧台等)41.4%、ハウジング(住宅サッシ、エクステリア、リビング建材等)31.7%、ビルディング(ビルサッシ)6.2%、キッチン7.1%、流通・小売り10.5%等。17/11ドミニカで衛生陶器工場・生産ライン買収。18/1インド衛生陶器工場買収。海外強化推進。
(6201)豊田自動織機 車載電池事業への参入検討、フォークリフト用リチウムイオン電池で実績。DC-DCコンバーター(高電圧から低電圧に変換)、インバーター(電力変換装置)等のカーエレクトロニクス事業を拡充する方針。主力のカーエアコン用コンプレッサーで25年めどに現在比で重量・サイズを半減させる新製品開発注力。17年物流機器海外2社買収。
(8750)第一生命ホールディングス 17.3期連結純利益に占める海外事業比率27%。15/2買収の米子会社プロテクティブが米国で行う事業単位での買収検討、ベトナム等のアジア需要開拓、海外事業を一段と強化する方針。健康の場合、保険料が安くなる新商品開発推進。米国等の海外長期金利上昇は運用環境改善で収益押上げに寄与。
(9433)KDDI 17/4-12期部門別営業利益構成比(調整額除く)パーソナル(個人対象にauブランド等展開)76.9%、バリュー(コンテンツ・決済・コマース等提供)10.1%、ビジネス(法人顧客対象、ネットワーク・クラウド等提供)8.9%、グローバル3.1%等。5G活用の新サービス創出注力。物販・金融が伸長。03/3期~18/3期、16期連続増配予定。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(7201)日産自動車 17/4-12期世界販売台数(カッコ内、同社調べシェア)410.9万台(6.0%)、主な内訳、日本37.8万台(10.3%)、中国(1-9月)102万台(5.3%)、米国117.7万台(8.9%)等。22年までEV航続距離600km、バッテリーコスト30%削減(16年比)、急速充電15分の走行可能距離16年・90kmを230km、各目標推進。
(7751)キヤノン 15年アクシス(買収金額約3000億円、監視カメラ世界シェア約5%)、16年東芝メディカルシステムズ(同6600億円、CT世界シェア約24%)各買収。宮崎県でレンズ交換式カメラ一貫生産工場新設、19/8稼動予定。医療機器・監視カメラ・商業印刷・産業機器(有機EL装置等)新規事業拡大推進。17/12期1株配当金160円。
(8053)住友商事 創立100周年の20/3期連結純利益4000億円以上目標(18/3期予想3000億円)。17/4-12期部門別売上構成(消去・全社除く)、金属10.4%、輸送機・建機8.9%、環境・インフラ5.3%、メディア・生活関連(ジュピターテレコム等)24.9%、資源・化学品14.9%、海外現地法人・海外支店(北米鋼管事業等)35.6%。
(8316)三井住友フィナンシャルグループ 17/12末有価証券評価益2兆7951億円(株式2兆4616億円、債券466億円等)、同期末不良債権比率0.87%(12/3末2.59%)。同期末三井住友銀行の貸出金に占める海外店等比率29.7%(12/3末16.3%)。18/1、傘下の大手証券統合、銀証連携強化。海外展開推進。店舗は運営効率向上目指す。
(8591)オリックス 18/3期予想純利益3000億円(前期2732億円)。次期3カ年中計の純利益は年間成長率4~8%目指す。インフラ・環境等の投資拡大推進。17/4-12期事業別営業収益構成(調整額除く)、事業投資48.8%、海外16.3%、リテール15.3%、メンテナンスリース9.4%、不動産6.3%等。17/3期1株配当金52円25銭。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会