三英傑シリーズ

ホーム > 三英傑シリーズ

三英傑の名を借りた銘柄選択3つの切り口

厳しい経済環境ではじまった21世紀、皆様におかれましては資産運用に対するご関心を日増しにお感じのことと存じます。証券業を営んで120年の木村証券では、今こそ株式投資の重要性を皆様にお伝えしなくてはならないと考えております。一言に株式と申しましても、国内上場・公開企業だけでも3000社以上あり、玉石混淆のなかから見付け出すことは容易なことではございません。
「良い株式を良い顧客に持っていただきたい」という弊社の願いを込め、「三英傑シリーズ」と郷土が生んだ英雄にちなんで株式を幅広く皆様にご提供できればと存じる次第です。
三英傑の名を借りて銘柄選択の切り口を三つに分け、投資スタンスが少しでもわかりやすくなればと考えました。

  • 即断即決、短期で見極める。信長コース

    株式投資にはタイミングが重視されます。株式相場の状況や今後の展開をふまえ、需要やテクニカルを重視しながら機会を捉えた時に原則的に選びます。
    時空を超えて夢とロマンに馳せたアグレッシブ(攻撃的)な信長にちなみました。

  • 中・長期の成長性を見極める。秀吉コース

    投資対象を企業の成長力と位置づけ、収益価値の集約EPS(=一株当たり利益)を基準として、原則的に当数値が今後増大すると予想されるものから選びます。 日吉村の農家から太閤になった成長性にちなみました。

  • 本質価値・安定性を冷静に見極める。家康コース

    投資対象を本質価値に位置づけ、市場時勢によって過小評価されているものを本質価値の集約BPS(=一株当たり純資産)を基準として、原則的に当数値がPBR平均以下のものから選びます。徳川300年の基礎を築いた着実な安定性にちなみました。

「三英傑シリーズ」2020年5月版

信長コース 注目ポイント
(3880) 大王製紙 紙・パルプ大手。「エリエール」ブランド。19/4-12期事業別売上高構成(その他・調整額除く)紙・板紙63.0%、ホーム&パーソナルケア37.0%。紙・板紙は原料価格安、値上げ効果、リサイクル拡大が奏功。ホーム&パーソナルは高付加価値品中心に販売好調。海外事業拡大で段ボール原紙輸出に対応、主力工場200億円投資。
(6976) 太陽誘電 セラミックコンデンサー世界大手。19/3期海外売上高比率89.3%。同生産比率68.5%。19/4-12期製品別売上高構成比、コンデンサ62.0%、フェライト及び応用製品13.9%、複合デバイス18.0%、その他6.1%。コンデンサ、フェライト及び応用製品は通信、自動車、産業機器、情報インフラ向けに堅調。自動車、情報インフラ向けに注力。
(7550)ゼンショーホールディングス 外食最大手。「すき家」、「ココス」、「はま寿司」等ブランドで全国に展開。19/12期末現在9,813店舗(FC4,289含)(牛丼2,995、レストラン1,364、ファーストフード931、その他(海外店など)4,389。日米貿易協定による牛肉関税引下げ寄与。米国中心の寿司テイクアウトなど堅調。商品力強化。コロナウィルスによる持ち帰り需要増加か。
(8218) コメリ 新潟本社の大手ホームセンター。大型・小型店舗のリニューアル注力(19/12現在1196店舗)。19/4-12期商品別連結売上高構成(その他除く)工具・金物・作業用品18.2%、リフォーム資材・エクステリア用品14.9%、園芸・農業用品24.5%、日用品・ペット用品17.8%、家電・レジャー用品12.2%、インテリア・家庭用品9.6%、燃料他2.8%。
(9719) SCSK ITサービス大手。住商情報とCSKが合併。19/4-12期事業別売上高構成比(調整額除く)製造・通信12.0%、流通・メディア15.3%、金融15.5%、商社・グローバル6.3%、ビジネスソリューション13.7%、モビリティ5.3%、プラットフォームソリューション15.4%、ITマネジメント15.1%、その他1.4%。製造業向けや車載関連が堅調に推移。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(1925)大和ハウス工業 住宅大手。賃貸、商業施設、物流施設の3本柱。19/4-12期事業別売上高構成(調整額除く)戸建住宅10.8%、賃貸住宅22.7%、マンション6.8%、住宅ストック3.3%、商業施設17.8%、事業施設26.5%、その他12.1%。通販の拡大で物流施設の需要旺盛。米ナイキとロボットやAI活用の物流センターを展開。米国で商業施設事業に着手。
(2784)アルフレッサ ホールディングス 医薬品卸最大手。19/4-12期事業別売上高構成(調整額除く)医療用医薬品等卸売87.3%、セルフメディケーション卸売9.8%、医薬品等製造1.6%、医療関連1.3%。高単価の抗がん剤卸売好調。配送効率化で販管費を抑制。ヤマト運輸と「調剤薬局向け在宅医療支援サービス」を共同開発。第一三共より長期収載品継承し売上増。
(5714)DOWA ホールディングス 非鉄大手。製錬、環境・リサイクル、金属加工、電子材料、熱処理の5本柱。19/4-12期事業別売上高構成(その他・調整額除く)環境・リサイクル20.4%、製錬41.2%、電子材料17.7%、金属加工15.5%、熱処理5.2%。国内廃棄物の溶融・再資源化処理量とも増加。インドネシアで新たな廃棄物焼却設備建設に着手21年度稼働予定。
(7912) 大日本印刷 印刷総合首位。19/4-12期事業別売上高構成比(調整額除く)情報コミュニケーション54.6%、生活・産業28.1%、エレクトロニクス13.3%、清涼飲料4.0%。精密電子部品強化。紙媒体減少もICカード、BPO(企業業務代行)が順調。EV・太陽電池向け包材も販売増。有機EL向け増。本人認証サービスをカード会社向けに提供を開始。
(9956)バロー ホールディングス 中部地区地盤。食品スーパー中心にドラッグストアなど展開。19/4-12期事業別売上高構成比(その他除く)スーパーマーケット55.0%、ドラッグストア20.0%、ホームセンター16.6%、スポーツクラブ2.0%、流通関連6.4%。19/12末グループ店舗数298。M&A実施のスーパーやホームセンターを統合・子会社化で規模拡大。商品力を強化。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(5201) AGC ガラス最大手。ガラス、電子部材、化学品の3本柱。バイオも。19/12期事業別売上高構成(消去又は全社除く)ガラス47.1%、電子17.5%、化学品30.1%、セラミックス・その他5.3%。大型テレビ向け液晶基板増。高機能スマートフォン需要増で電子部材堅調。バイオ医薬品原薬の受託開発件数増加。スペインの合成医薬品子会社増強。
(5938)  (株)LIXILグループ 建材・住設機器最大手。19/4-12期事業別売上高構成比(調整額除く)ウォーターテクノロジー44.0%、ハウジングテクノロジー29.4%、ビルディングテクノロジー13.7%、流通・小売10.0%、住宅・サービス2.9%。増税前需要で新築・リフォーム増加。取締役を14人から9人にスリム化。20年末に子会社LIXILを合併し事業会社体制に。
(7012) 川崎重工業 総合重機大手。航空宇宙、中大型二輪車特色。19/4-12期事業別売上高構成(調整額除く)航空宇宙システム31.2%、エネルギー・環境プラント15.3%、精密機械・ロボット13.1%、船舶海洋4.9%、車両8.0%、モーターサイクル&エンジン19.1%、その他8.4%。世界初液化水素の運搬船建造。天然ガスの発電設備を沖縄電力より受注。
(8058) 三菱商事 19/4-12期事業別純利益構成(その他除く)天然ガス18.1%、綜合素材5.6%、石油化学-5.5%、金属資源1.8%、インフラ8.8%、自動車・モビリティ11.1%、食品7.9%、コンシューマー5.5%、電力ソリューション7.8%、複合都市開発7.9%、天然ガス-0.3%、金属資源29.9%、インフラ1.4%。ALSOKとファシリティマネジメントで業務提携。
(8306)(株)三菱UFJ フィナンシャル・グループ 国内最大金融グループ。19/4-12期事業本部別営業純益構成、法人・リテール21%、コーポレートバンキング17%、グローバルCIB10%、グローバルコマーシャルバンキング15%、受託財産5%、市場32%。デジタル化推進でブロックチェーン導入。東南アジアGrab 社と資本・業務提携。三菱UFJ銀のネットバンキング新規利用者が急増。
三英傑シリーズ 前版を見る

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会