三英傑シリーズ

ホーム > 三英傑シリーズ

三英傑の名を借りた銘柄選択3つの切り口

厳しい経済環境ではじまった21世紀、皆様におかれましては資産運用に対するご関心を日増しにお感じのことと存じます。証券業を営んで120年の木村証券では、今こそ株式投資の重要性を皆様にお伝えしなくてはならないと考えております。一言に株式と申しましても、国内上場・公開企業だけでも3000社以上あり、玉石混淆のなかから見付け出すことは容易なことではございません。
「良い株式を良い顧客に持っていただきたい」という弊社の願いを込め、「三英傑シリーズ」と郷土が生んだ英雄にちなんで株式を幅広く皆様にご提供できればと存じる次第です。
三英傑の名を借りて銘柄選択の切り口を三つに分け、投資スタンスが少しでもわかりやすくなればと考えました。

  • 即断即決、短期で見極める。信長コース

    株式投資にはタイミングが重視されます。株式相場の状況や今後の展開をふまえ、需要やテクニカルを重視しながら機会を捉えた時に原則的に選びます。
    時空を超えて夢とロマンに馳せたアグレッシブ(攻撃的)な信長にちなみました。

  • 中・長期の成長性を見極める。秀吉コース

    投資対象を企業の成長力と位置づけ、収益価値の集約EPS(=一株当たり利益)を基準として、原則的に当数値が今後増大すると予想されるものから選びます。 日吉村の農家から太閤になった成長性にちなみました。

  • 本質価値・安定性を冷静に見極める。家康コース

    投資対象を本質価値に位置づけ、市場時勢によって過小評価されているものを本質価値の集約BPS(=一株当たり純資産)を基準として、原則的に当数値がPBR平均以下のものから選びます。徳川300年の基礎を築いた着実な安定性にちなみました。

「三英傑シリーズ」2022年6月版

信長コース 注目ポイント
(6370) 栗田工業 総合水処理大手。超純水・環境関連装置、薬品事業が中心。22/3月期事業別売上高構成比(調整額除く)水処理薬品40.9%、水処理装置59.1%。同地域別売上高構成、日本55.3%、アジア20.1%、北南米16.1%、欧州・中東・アフリカ8.5%。薬品は海外需要回復、連結化と円安が奏効。水処理は国内外の電子産業向け装置と超純水の受注が増加。
(6436) アマノ 就業時間管理システム大手。駐車場管理も展開。22/3月期事業部門別売上高構成比、時間情報システム73.5%(情報システム24.3%、時間管理機器2.3%、パーキングシステム46.9%)、環境関連システム26.5%(環境システム16.9%、クリーンシステム9.6%)。時間情報システムの利益増加。中小向けシステム販売強化と駐車場向けの回復見込む。
(8267) イオン 国内小売流通業大手。総合スーパーを中心に金融、不動産展開。22/2月期事業別営業収益構成(その他、調整額除く)GMS35.9%、SM27.4%、DS4.2%、ヘルス&ウェルネス11.2%、総合金融5.1%、ディベロッパー4.0%、サービス・専門店7.7%、国際4.5%。5事業が増益。総合金融とGMSの損益改善。SM、DSはコロナ前水準を上回る。
(9533) 東邦ガス 愛知、三重、岐阜中心のガス大手。22/3月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)ガス66.0%、LPG・その他エネルギー19.4%、電気14.6%。延べ契約件数2,873千件(都市ガス1,756千件、LPG603千件、電気514千件)。中期経営計画第1段階として、電気・エネルギーサービス・くらし/ビジネスサポートなど戦略事業に経営資源をシフト。
(9602) 東 宝 映画興行大手。邦画配給、興行収入首位。映画館跡地で不動産。22/2月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)映画63.1%、演劇6.5%、不動産30.4%。「劇場版呪術廻戦0」、「コンフィデンスマンJP」等がヒット。新中計でコンテンツ、不動産中心に3年で1,100億円超の投資を計画。来春「東宝日比谷プロムナードビル」を開業予定。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(3116) トヨタ紡織 トヨタ系自動車用シート、内装品大手。エアフィルター首位。22/3月期地域別売上収益構成(消去又は全社除く)日本46.2%、北中南米20.9%、中国14.0%、アジア・オセアニア12.6%、欧州・アフリカ6.3%。年度目標でトヨタ系メーカー向けの受注活動、EV向けモーターコア、セパレーター等の拡販を推進。 意匠・表皮開発の自給化めざす。
(4118) (株)カネカ 塩ビ大手。樹脂、食品、医薬中間体、電子材料等多角的。22/3月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)マテリアル43.5%、クオリティオブライフ24.5%、ヘルスケア8.5%、ニュートリション23.5%。新型コロナワクチンの中間体生産増。医療機器も好調。食品事業強化し24年生産量4倍をめざす。セメダインを株式交換完全子会社へ。
(6141) DMG森精機 独DMGと一体化。CNC旋盤、マシニングセンタ(MC)工作機械大手。22/1-3月期地域別受注構成比、日本12%、独18%、欧州・中東・アフリカ32%、米州22%、アジア6%、中国10%。同機種別構成比、5軸加工機38%、複合加工機23%、横型MC14%、ターニングセンタ11%、立形マシニングセンタ8%、先端技術6%。受注回復。
(6594) 日本電産 精密モータ世界大手。22/3月期製品グループ別売上高構成比(消去又は全社除く)精密小型モータ22.0%、車載21.3%、家電・商業・産業用40.5%、機器装置12.1%、電子・光学部品3.9%、その他0.2%。半導体ソリューションセンター設立。来春「ニデック」に社名変更予定。CEOを永守氏に再度交代し、世界No.1の⾞載ハードウェア企業を⽬指す。
(8593)三菱HCキャピタル 三菱UFJ傘下。日立キャピタルと統合。22/3月期事業別利益構成比(その他、調整額除く)カスタマービジネス31.9%、アカウントソリューション25.7%、ベンダーソリューション2.9%、ライフ4.6%、不動産18.3%、環境・再生可能エネルギー6.7%、航空5.5%、ロジスティクス2.6%、モビリティ1.8%。各事業伸長、米連結コンテナ会社が貢献。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(1802) (株)大林組 総合建設大手。関西地盤で土木に特色。北米、アジアに展開。22/3月期事業別売上高構成比(その他除く)国内建築57.3%、海外建築15.6%、国内土木19.2%、海外土木4.7%、不動産3.3%。新中計初年度として事業基盤強化と変革実践を提唱。NZで地熱発電由来の水素製造に着手。コンクリート構造物に長期間CO2を固定できる技術を開発。
(2768) 双 日 ニチメン、日商岩井が統合。22/3月期部門別収益構成比(その他、調整額除く)自動車12.3%、航空・交通プロジェクト3.5%、インフラ・ヘルスケア3.3%、金属・資源・リサイクル28.3%、化学27.1%、生活産業・アグリ14.7%、リテール・コンシューマ10.8%。東南アの自動車、中南米の卸売事業や メタノールなど知見ある領域の事業拡大をめざす。
(6113) (株)アマダ 金属加工機械大手。板金加工国内首位。22/3月期外部顧客地域別売上収益構成、日本40.6%、北米23.3%、欧州20.3%、中国5.0%、アジア他10.8%。主力のファイバーレーザーマシンや溶接機器が伸長。部材コストや製造経費の増加を 操業度と販売価格改善でカバー。半導体、医療向けに引き合い強い。環境対応、DX、海外シェア拡大に注力。
(7267) ホンダ 二輪車首位。22/3月期所在地別売上収益構成比(消去又は全社除く)日本24.5%、北米45.5%、欧州3.9%、アジア22.8%、その他地域3.3%。ソニーとEV戦略提携で基本合意、25年に開発EVを発売予定。中国市場で新車EV投入。電動化・ソフトウェア領域に10年で約5兆円を投資予定。今期はステップワゴンはじめ新車の投入で販売増めざす。
(8309) 三井住友トラスト・ホールディングス 三井住友信託銀行、三井住友トラスト・アセットなど傘下。銀行、資産形成・運用、管理、不動産等手掛ける。4月に組織再編成。22/3月期事業別実質業務粗利益構成比、個人23.6%、法人26.2%、投資家17.1%、不動産7.8%、マーケット6.5%、運用ビジネス12.6%、その他6.2%。信託業務好調。年内にデジタル資産管理の信託会社設立を予定。
三英傑シリーズ 前版を見る

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会