三英傑シリーズ

ホーム > 三英傑シリーズ

三英傑の名を借りた銘柄選択3つの切り口

厳しい経済環境ではじまった21世紀、皆様におかれましては資産運用に対するご関心を日増しにお感じのことと存じます。証券業を営んで120年の木村証券では、今こそ株式投資の重要性を皆様にお伝えしなくてはならないと考えております。一言に株式と申しましても、国内上場・公開企業だけでも3000社以上あり、玉石混淆のなかから見付け出すことは容易なことではございません。
「良い株式を良い顧客に持っていただきたい」という弊社の願いを込め、「三英傑シリーズ」と郷土が生んだ英雄にちなんで株式を幅広く皆様にご提供できればと存じる次第です。
三英傑の名を借りて銘柄選択の切り口を三つに分け、投資スタンスが少しでもわかりやすくなればと考えました。

  • 即断即決、短期で見極める。信長コース

    株式投資にはタイミングが重視されます。株式相場の状況や今後の展開をふまえ、需要やテクニカルを重視しながら機会を捉えた時に原則的に選びます。
    時空を超えて夢とロマンに馳せたアグレッシブ(攻撃的)な信長にちなみました。

  • 中・長期の成長性を見極める。秀吉コース

    投資対象を企業の成長力と位置づけ、収益価値の集約EPS(=一株当たり利益)を基準として、原則的に当数値が今後増大すると予想されるものから選びます。 日吉村の農家から太閤になった成長性にちなみました。

  • 本質価値・安定性を冷静に見極める。家康コース

    投資対象を本質価値に位置づけ、市場時勢によって過小評価されているものを本質価値の集約BPS(=一株当たり純資産)を基準として、原則的に当数値がPBR平均以下のものから選びます。徳川300年の基礎を築いた着実な安定性にちなみました。

「三英傑シリーズ」2022年1月版

信長コース 注目ポイント
(4503)アステラス製薬 主力前立腺がん治療薬「イクスタンジ」が欧米で好調持続。新型抗がん剤「パドセブ」も堅調。21/4-9月期地域別売上収益構成、日本20.2%、米国41.8%、エスタブリッシュドマーケット(EU、加、豪)24.4%、グレーターチャイナ5.1%(中、台)、インターナショナルマーケット8.5%。遺伝子投与の次世代技術を米スタートアップと共同開発開始。
(5334)日本特殊陶業 自動車用プラグ、排気系センサ首位。電子部品、医療、燃料電池も。21/4-9月期事業別売上収益構成(その他、調整額除く)自動車関連79.7%(プラグ51.2%、センサ28.5%)、セラミック19.4%、新規事業0.9%。プラグ補修用製品、半導体装置向け製品が好調。補修用製品は今後拡大狙う。半導体の微細化で積層技術が好相性。燃料電池注力。
(7105)三菱ロジスネクスト フォークリフト大手。三菱重の事業継承し、ユニキャリアと経営統合。21/4-9月期地域別売上高構成比、国内38.7%、海外61.3%(米州37.3%、欧州17.0%、アジア・中国7.0%)。販売価格を段階的に値上げ予定。米国でレンタル部門強化。人手不足解消で冷凍冷蔵庫型レーザー誘導方式の無人フォークリフトを他社と共同開発。国内販売へ。
(8267) イオン 流通大手。金融、不動産など子会社も上場。21/3-8月期事業別営業収益構成比(その他、調整額除く)GMS33.4%、SM30.1%、DS4.3%、ヘルス&ウェルネス11.1%、総合金融5.2%、ディベロッパー3.9%、サービス・専門店7.5%、国際4.5%。30年までに国内店舗使用電力半分を再生エネルギーに。海外事業注力、アジアでスーパー展開。
(9076) セイノーホールディングス 路線トラック輸送大手。トヨタ車販売も。21/4-9月期事業別売上高構成比(調整額除く)輸送70.6%、自動車販売17.6%、物品販売6.6%、不動産賃貸0.3%、その他4.9%。顧客カルテシステムや「セイノー輸送なびPro」を利用し取扱貨物量を確保。人手不足、CO2削減対策でJR貨物の定期コンテナを一部貸し切りブロックトレイン増発。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(1928) 積水ハウス 住宅大手。戸建、賃貸、マンション展開。21/2-10月期事業別売上高構成比、請負型39.3%(戸建住宅13.8%、賃貸住宅15.0%、建築・土木10.5%)、ストック型29.8%(リフォーム6.0%、不動産フィー23.8%)、開発型14.8%(分譲住宅7.3%、マンション2.8%、都市再開発4.7%)、国際13.2%、その他2.9%。木造、リフォーム強化。中高価格帯住宅伸長。
(2768) 双日 ニチメンと日商岩井が統合。自動車、航空、肥料強い。21/4-9月期部門別収益構成(その他、調整額除く)自動車12.6%、航空・交通プロジェクト3.3%、インフラ・ヘルスケア3.2%、金属・資源・リサイクル27.4%、化学27.6%、生活・アグリ15.3%、リテール・コンシューマ10.6%。日本航空と共同でJALUXを子会社化、空港運営事業拡大へ。
(5713)住友金属鉱山 銅、ニッケル大手。非鉄金属、電子材料が中心。21/4-9月期事業別売上高構成(その他、調整額除く)資源11.5%、製錬68.2%、材料20.3%。電池向けに硫酸ニッケルをフル生産。EV向け三元系正極材の販売好調。正極材(NCA)の生産能力増強で増産投資も検討。貼り合わせSiC(シリコンカーバイド)基板開発、年度内に商業生産開始予定。
(7011) 三菱重工業 エナジー、物流・冷熱・ドライブシステムなど総合重機大手。4-9月期事業別売上収益構成比(その他除く)エナジー40.2%、プラント・インフラ18.0%、物流・冷熱・ドライブシステム27.1%、航空・防衛・宇宙14.7%。脱火力で水素・アンモニアによるカーボンフリー発電の実証、商用化、水素エコシステムの構築を25年めどにめざす。
(7203)トヨタ自動車 製造業首位。海外拡大。21/4-9月期地域別営業収益構成比(消去又は全社除く)日本39.6%、北米28.8%、欧州9.6%、アジア14.9%、その他7.1%。30年めどで8兆円を電気自動車(EV)、ハイブリッド車、燃料電池車の研究開発、設備投資へ投入(EVは4兆円)。 EV販売は30種類8割増の年350万台目標(レクサスは同年100%EV化)。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(1721)コムシスホールディングス 電気通信工事大手。ネットワーク、社会システム。21/4-9月期事業別売上高構成比、NTT設備43.6%、NCC設備8.7%、ITソリューション15.8%、社会システム関連31.9%。NTT向けは光、高度無線化、5G関連好調。NCCは楽天モバイル全国展開、ソフトバンク5G化奏効。社会システムは太陽光案件進捗。5G基地局展開追い風。
(4005) 住友化学 総合化学大手。石化はシンガポール、サウジで合弁を展開。医薬品、農薬、電子材料好調。21/4-9月期事業別売上収益構成比(その他、調整額除く)石油化学30.8%、エネルギー・機能材料11.8%、情報電子化学17.4%、健康・農業関連16.3%、医薬品23.7%。ゲノム用核酸医薬原薬や半導体用感光材の製造設備を新設、生産能力増強を計画。
(5711)三菱マテリアル 非鉄総合首位。銅加工、電子材料、超硬工具など多面展開。21/4-9月期事業別売上高構成比(調整額除く)高機能製品23.2%、加工6.6%、金属47.2%、セメント10.1%、環境・エネルギー0.9%、その他12.0%。半導体材料好調。春にアルミ事業売却と宇部興産とのセメント事業の統合を予定。事業ポートフォリオ見直しと新事業創出に注力。
(8306)(株)三菱UFJフィナンシャルグループ 国内最大の金融グループ。銀行、信託、証券、リース等傘下。21/4-9月期事業本部別営業純益構成比、デジタルサービス13.1%、法人・リテール5.9%、コーポレートバンキング15.6%、グローバルCIB12.0%、グローバルコマーシャルバンキング15.6%、受託財産8.3%、市場29.5%。カーボンニュートラルに取組み、国内契約電力を全て再エネ化へ。
(8725) MS&ADインシュアランスグループホールディングス 損保(三井住友海上、あいおいニッセイ同和、三井ダイレクト)、生保(三住海上あいおい、三住海上プライマリー)の持株会社。21/4-9月期正味保険料構成、損保74.3%(三井住友31.5%、あいおいニッセイ同和25.5%、海外等17.3%)、国内生保25.7%(あいおい9.6%、プライマリー16.1%)。インパクト投資の導入で社会問題解決に取組む。
三英傑シリーズ 前版を見る

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 未公開株・社債等をかたった詐欺にご用心!
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会