三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2024年2月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(4543) テルモ カテーテル、人工心肺装置など医療機器大手。医薬品も。23/4-9月期事業別売上収益構成比(調整額除く)心臓血管59.9%、メディカルケアソリューションズ21.2%、血液・細胞テクノロジー18.9%。米欧でカテーテルが好調。価格転嫁、生産移転も寄与。女性領域特化の製品を国内で初発売。複数の新製品を計画。米国で血漿採取システムの拡大見込む。
(4681)リゾートトラスト 国内会員制ホテル首位。1室タイムシェア制採用。23/4-9月期事業別売上高構成比(その他除く)会員権20.4%、ホテルレストラン54.0%、メディカル25.6%。会員権の値上げ寄与。サンクチュアリコートシリーズ好調。メディカルも順調増。26年度末に金沢に開業予定。三菱地所と連携しシニアレジデンス共同開発開始。海外倶楽部との交換利⽤を模索。
(6841) 横河電機 工業系計器国内首位。各種プラント向け制御システム、測定機など。23/4-9月期事業別売上高構成比、制御92.8%、測定器6.3%、新事業他0.9%。同期海外比率75.6%。エネルギー分野中心に設備投資需要旺盛。部品の調達環境が改善、増産。円安も追い風。豪で商用水素プロジェクトのエネルギー管理システム受注。印、北米、中東・アフリカの受注好調。
(7550)(株)ゼンショーホールディングス 外食大手。「すき家」、「はま寿司」、「ココス」など展開。23/4-9月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)グローバルすき家21.7%、グローバルはま寿司15.4%、グローバルファストフード16.4%、レストラン11.3%、小売6.5%、本社・サポート28.7%。値上げ寄与。海外店舗拡大をめざし、「はま寿司」北京1号店を開店。内外の外食チェーン買収検討。
(7994)(株)オカムラ オフィス家具大手。陳列棚など小売店舗関連に展開。首都圏に強み。23/4-9月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)オフィス環境54.3%、商環境38.5%、物流システム7.2%。働き方改革による自治体・企業のレイアウト変更と価格改定で売上・利益とも過去最高。ドラッグストア改装需要向けに省人、省エネ化した自社陳列棚製品の提案強化。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(2264) 森永乳業 乳飲料からヨーグルト、栄養食品に拡大。23/4-9月期事業別売上高構成比(その他・消去除く)栄養・機能性食品26.4%、主力食品39.6%、BtoB19.8%、海外14.2%。BtoCとウェルネスを統合し4本柱に。ヨーグルト、ビバレッジ、チーズ、牛乳、デザート等価格改定と機能性ヨーグルトが貢献。3月出荷分から「マウントレーニア」など21品目の値上げ実施。
(4202)(株)ダイセル 自動車向け高機能樹脂(エンプラ)、フィルム材、エアバック部品を展開。23/4-9月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)メディカル・ヘルスケア2.5%、スマート5.4%、セイフティ17.3%、マテリアル35.0%、エンジニアリングプラスチック39.8%。たばこフィルター原料好調。無針注射器等の米医療メーカーに出資。ライフサイエンス分野参入。
(5233)太平洋セメント セメント国内最大手。米国、アジアなど海外展開。多角化推進。23/4-9月期事業別売上高構成比(その他、調整額を除く)セメント73.1%、資源10.5%、環境事業8.0%、建材・建築土木8.4%。米国セメント需要が追い風。海上物流体制強化で5月めどにフィリピンセメントターミナル新設、能力を増強。石灰石安定供給に向け新津久見鉱山の開発工事着手。
(6305) 日立建機 建機国内2位。油圧ショベルが軸、鉱山機械も。23/4-12月期地域別売上収益構成比、日本16%、アジア9%、インド6%、オセアニア19%、欧州12%、米州28%(北米25%、中南米3%うち独自展開16%)、ロシアCIS2%、中近東2%、アフリカ5%、中国2%。先進国中心に値上げで利益を確保。北米の商業施設、公共工事が大幅増加。23/8より新製品納入開始。
(7203) トヨタ自動車 4輪世界生産首位。SUBARU、マツダ、スズキと提携。海外展開加速し、今期世界生産台数1,030万台を計画。環境技術で優位、HV好調。23/4-9月期所在地別営業収益構成比(消去又は全社除く)日本37.2%、北米30.4%、欧州9.4%、アジア15.3%、その他7.7%。EVに積極投資、26年に世界販売年150万台をめざす。全固体電池の開発にも注力中。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(4188)三菱ケミカルグループ 総合化学首位。エチレン、医薬、電材、炭素、産業ガスなど。23/4-9月期事業別売上収益構成比(その他、調整額除く)スペシャリティマテリアルズ(機能商品)29.0%、産業ガス(素材)29.2%、ヘルスケア10.5%、MMA(素材)6.9%、ベーシックマテリアルズ24.4%。日米値上げで産業ガスの採算改善。医薬も米で好調。高機能材料の事業入替を検討、推進へ。
(5411)JFEホールディングス 国内粗鋼生産2位。川鉄とNKK統合。鋼板シェア高い。23/4-9月期事業別売上高構成比(調整額除く)鉄鋼65.3%、エンジニアリング8.7%、商社26.0%。価格転嫁、京浜地区熱延設備停止などでコスト削減。高付加価値品中心に建築構造用厚鋼板、高耐食性めっき鋼板の増産に注力。グリーン鋼材が船舶、建築物、変圧器など採用へ。インド市場強化へ。
(5938)(株)LIXIL 建材・住設最大手。トステム、INAX等統合。23/4-12月期事業別売上収益構成比(調整額除く)ウォーターテクノロジー(水回り、タイル建材)59.1%、ハウジングテクノロジー(金属建材、木質内装建材、住宅・サービス、その他)40.9%。省エネ補助⾦で国内窓リフォーム好調。海外事業戦略は⾒直し。環境対応強化でリサイクル製品など商品開発に注力。
(7181)(株)かんぽ生命保険 日本郵政系生命保険大手。郵便局ネットワークで販売。第一生命と提携。23/9末資産構成比、公社債71.0%(国債59.7%、地方債4.8%、社債6.5%)、収益追求資産16.5%(国内株4.8%、外国株1.0%、外国債7.1%、その他3.6%)、その他6.7%。同保険契約内訳、養老31.1%、終身53.9%、学資14.2%、その他0.8%。今年から一時払い終身保険取扱開始。
(8316)(株)三井住友フィナンシャルグループ 国内3大メガバンク一角。三井住友銀、SMBC日興証券、カードなど傘下。総自己資本比率16.22%。ROE10.3%。23/4-9月期事業部門別業務純益構成比、リテール10.6%、ホールセール32.1%、グローバル33.4%、市場23.9%。米ジェフリーズに出資、大株主となり米国以外でも協力。 SBIと共同出資のODXでデジタル証券のPTS取引を開始。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会