三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2023年10月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(2871) (株)ニチレイ 冷蔵倉庫、冷凍食品首位。不動産事業も展開。23/4-6月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)加工食品42.4%、水産8.2%、畜産12.5%、低温物流36.3%、不動産0.6%。北米でアジア風総菜の冷凍食品、欧州で低温物流の拡大中。冷凍食品の値上げ浸透。低温物流は集荷拡大と効率化。ワンプレートの家庭用冷食参入。タイ関連会社を子会社化。
(4021) 日産化学 国内農薬首位級。電子材料、その他医薬品も展開。23/4-6月期事業別売上高構成比(調整額除く)化学品11.2%、機能性材料25.5%、農業化学品23.1%、ヘルスケア2.4%、卸売29.9%、その他7.9%。農業化学好調。ディスプレー向け光配向膜や硝酸販売が回復。基礎化学品の採算改善。インドに農業化学品合弁会社設立。組織改定しヘルスケアに注力。
(6503) 三菱電機 総合電機大手。23/4-6月期部門別売上高構成比(消去又は全社除く)(社会システム5.5%、電力システム4.9%、防衛・宇宙システム2.9%)、(FAシステム14.0%、自動車機器15.1%)、(ビルシステム9.9%、空調・家電26.8%)、ビジネス・プラットフォーム2.0%、インダストリーセミコンダクター・デバイス4.8%、他14.0%。増配で中間配最高額に。
(8056) BIPROGY 大日本印刷持分法適用会社。金融機関、製造業、小売業などDX向けのシステム構築。23/4-6月期事業別売上収益構成比(その他、調整額除く)システムサービス36.3%、サポートサービス16.5%、アウトソーシング24.1%、ソフトウェア10.1%、ハードウェア13.0%。クラウドに注力。複数地域金融機関が共同利用する勘定系サービス導入を拡大中。
(9048) 名古屋鉄道 私鉄大手。グループ中核。23/4-6月期事業別営業収益構成比(調整額除く)交通24.1%、運送22.8%、不動産16.9%、レジャー・サービス16.1%、流通9.9%、航空関連サービス3.6%、その他事業6.6%。コロナ禍から旅行・ホテル関連回復。特別車含め来年3月運賃改定を実施。名駅再開発事業に着手。日通と特積運送で協業。運転士にタブレット導入。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(3116) トヨタ紡織 トヨタ系自動車用シート、エアフィルター大手。23/4-6月期地域別売上収益構成比(消去又は全社除く)日本45.5%、北中南米22.9%、中国12.5%、アジア・オセアニア12.4%、欧州・アフリカ6.7%。生産台数回復と高級車種の納入増加が寄与。シート骨格機構部品の内製化に約300億円投資し、9月に米ケンタッキーに新会社を設立、25年操業を予定。
(5108)(株)ブリヂストン タイヤ世界首位。タイヤ管理などサービス型事業に注力。23/1-6月期地域別売上収益構成比、日本26.4%、米州44.0%、欧州・露・中近東・インド・アフリカ19.6%、中国・アジア・大洋州10.0%。為替1㌦=134円前提。自動車生産回復と鉱山・建設用の大口径タイヤ好調。乗用車のプレミアムタイヤや鉱山向けに注力。乗用車向け電子商取引サイト開設。
(6141) DMG森精機 工作機械世界大手。CNC旋盤やマニシングセンタ強い。23/1-6月期機種別受注構成比、5軸化工機42%、複合加工機25%、横型マニシング9%、ターニング10%、立形マニシング7%、先端技術7%。EVや航空・宇宙向け需要堅調。高単価品が伸長。奈良事業所拡張し技術者倍増。倉敷機を子会社化。基本給一律ベア含め毎年2~3%賃上げ実施予定。
(6326) (株)クボタ 農業機械、鋳鉄管大手。トラクター、機械用エンジン、小型建機など。23/1-6月期部門別売上高構成比、農機・エンジン67.9%、建設機械20.5%、パイプシステム4.2%産業機材2.3%、環境4.4%、その他0.7%。同海外売上高比率79.3%。北米でインフラ工事向けに建機好調。値上げ浸透。日本初のAIによる遠隔監視無人農機開発、26年実用化目指す。
(6752) パナソニックホールディングス 家電大手。家電基盤にEV用電池、住宅関連、企業向けシステム注力。23/4-6月期事業別売上高構成比(その他、消去・調整除く)くらし事業43.4%、オートモーティブ17.7%、コネクト13.7%、インダストリー12.9%、エナジー12.3%。家電の売上を30年度めどに1.5倍、小型全固体電池は20年代後半量産の目標。EV電池でSUBARUと協議開始。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(3407) 旭化成 総合化学。住宅、化学品、医療、繊維、建材など多角化。23/4-6月期事業別売上高構成比(その他、消去又は全社除く)マテリアル45.9%、住宅34.1%、ヘルスケア20.0%。Co₂と水からつくる樹脂原料の技術を実用化。米子会社で初の4インチ窒化アルミニウム単結晶基板製造に成功。米にヘルスケアの本部を設置。国立がんセンターと共同研究契約。
(5201)  AGC ガラス大手。ガラス、電子、化学品が柱。バイオ分野強化。23/1-6月期事業別売上高構成比(調整額除く)建築ガラス23.7%、オートモーティブ23.8%、電子14.0%、化学品27.9%、ライフサイエンス6.7%、セラミックス・他3.9%。車向け値上げ浸透、販売も回復。医薬受託は千葉に続き横浜に新設し稼働予定。アンモニア燃料のガラス製造に成功。
(5711)三菱マテリアル 非鉄総合大手。アルミや超硬工具など総合材料メーカー。23/4-6月期事業別売上高構成比(調整額除く)金属55.9%、高機能27.9%、加工8.1%、再生可能エネルギー0.3%、その他7.8%。セメントの値上げ浸透。チリ鉱山の採掘回復し銅加工も値上げ。今期からEV向けコバルトの効率的な生産に進出し27年度の事業化をめざす。風力、地熱に投資。
(8053) 住友商事 総合商社。グループ中核。金属、自動車など特色。23/4-6月期事業別売上収益構成比(消去又は全社除く)金属28.0%、輸送機・建機17.6%、インフラ6.9%、メディア・デジタル6.9%、生活・不動産17.8%、資源・化学品22.8%。北米建機、航空機リース上振れ。米で再生可能エネルギー事業会社設立。化学品、電子・機能材事業を子会社に移管、機能集約。
(8316) (株)三井住友フィナンシャルグループ 3大金融グループ一角。銀行、証券、カード等金融持ち株会社。23/4-6月期事業部門別業務純益構成比、リテール10.0%、ホールセール27.7%、グローバル35.6%、市場26.7%。SMBC日興証券に資本投入、増強。25年度メドに6割の店舗を新型店に転換予定。3メガ銀グループでデジタル通貨連携。個人向けドル建て定期の金利を大幅に引き上げへ。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会