三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2023年5月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(4021) 日産化学 「ラウンドアップ」はじめ国内農薬大手。液晶、半導体向け電子材料も強い化学メーカー。医薬品も展開。22/4-12月期事業別売上高構成比(調整額除く)化学品12.5%、機能性材料26.1%、農業化学品20.3%、ヘルスケア2.0%、卸売31.1%、その他8.0%。農業化学品は堅調に推移。メラニン生産停止後は高付加価値・高シェア製品に経営資源を集中。
(4911) ㈱資生堂 化粧品大手。国内・中国と二本柱。高級ブランド強化。海外M&A積極的。22/12月期事業別売上高構成比(調整額除く)日本18.4%、中国19.5%、アジアパシフィック5.4%、米州10.6%、欧州10.4%、トラベルリテール12.3%、プロフェッショナル0.7%、その他22.7%。国内は中価格帯ブランドと販路の見直し強化。ゼロコロナ明けで中国回復基調。
(6370) 栗田工業 総合水処理大手。超純水・環境関連装置、薬品事業が柱。海外向けを強化。22/4-12月期事業別売上高構成比(調整額除く)水処理薬品40.9%(国内13.0%、海外27.9%)、水処理装置59.1%(国内22.7%、海外36.4%)。受注済工事進捗。海外向けに水処理薬品、半導体向け超純水や洗浄事業が好調。昨年4月、昭島市に研究開発拠点を新設。再値上げ推進。
(6841) 横河電機 石油、化学プラント向け工業計器制御システム国内首位。22/4-12月期地域別売上高構成比、日本26.5%、海外63.5%(東南ア・極東16.6%、中国17.1%、インド4.2%、欧州8.5%、ロシア1.8%、北米9.9%、中東・アフリカ12.1%、中南米3.3%)。主力制御事業が海外で堅調。アジア、中東、北米の伸び予想。ロシア縮小も他地域にシフトし需要取込み。
(7649)スギホールディングス 東海地盤のドラッグストア。調剤併設店舗が特色(84.4%)。23/2末1,565店舗(関東425、中部550、関西530、北陸・信州60)。23/2月期商品別売上構成比、調剤21.5%、物販78.5%(ヘルスケア20.1%、ビューティ17.1%、ホーム18.8%、フーズ22.3%、その他0.2%)。薬剤師不在でも処方薬を受け取れるロッカーを100店に設置。薬・日用品宅配全店導入めざす。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(2602)日清オイリオグループ 02年日清、リノール、ニッコーが統合。家庭用食用油首位。中国・東南アジアに拡大。22/4-12月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)油脂(油脂・油糧61.8%、加工油脂23.1%)、加工食品・素材11.1%、ファインケミカル4.0%。キャノーラ偏重のクッキングオイルの構造を改革。付加価値分野の拡販をめざす。MCT(中鎖脂肪酸)商品に注力。
(5301)東海カーボン 炭素製品大手。タイヤ用カーボン、電炉用電極、半導体向けなど。22/12月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)黒鉛電極18.1%、カーボンブラック41.9%、ファインカーボン15.0%、スメルティング&ライニング19.9%、工業炉及び関連製品5.1%。海外の生産拠点拡張。タイヤ、半導体向けともに順調。電炉鋼シフト追い風に電極の拡大見込む。
(6701) NEC 通信インフラ国内首位。官公庁・企業向けITサービス大手。生体認証技術に特色。23/3月期事業別売上収益構成(その他、調整額除く)社会公共16.2%、社会基盤22.4%、エンタープライズ22.4%、ネットワークサービス18.9%、グローバル20.1%。DX需要背景に企業向けが好調。海外の通信ソフト子会社好調。NTTと脱炭素社会実現で連携。
(7752) ㈱リコー 事務機大手。複合機、商用印刷機ほかITサービス注力。海外比率63.9%。22/4-12月期事業別売上高構成比、デジタルサービス77.6%、デジタルプロダクツ1.5%、グラフィックコミュニケーションズ11.1%、インダストリアルソリューションズ5.5%、その他4.2%。業務用スキャナNo.1シェアのPFU買収等で売上増加。新規事業創出をめざす。
(9533) 東邦ガス 都市ガス大手。カーボンニュートラルに注力。23/3月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)ガス67.8%、LPG・その他エネルギー16.3%、電気15.9%。ガス販売減少もセット契約伸長で電力販売量増加。液化天然ガス(LNG)調達コスト低下で増益。海外2社目のベトナム大手ガス会社に出資し、工場など企業向け天然ガス販売に参加。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(1802) ㈱大林組 大手ゼネコン一角。関西発祥。北米、アジアにも展開。22/4-12月期事業別売上高構成比(その他除く)国内建築54.0%、海外建築18.5%、国内土木17.8%、海外土木5.8%、不動産3.9%。共同運営の洋上風力運転開始。木材製造会社を子会社化し木造ビル推進。日立ソリューションズとスマートビルで合弁設立。グラングリーン大阪の本格工事に着手。
(5020) ENEOSホールディングス 元売り最大手。JXHDと東燃ゼネ石が統合。22/4-12月期事業別売上高構成(その他、調整額除く)エネルギー87.5%、石油・天然ガス開発1.4%、金属11.1%。JパワーとCO₂回収・貯留の事業化に向け合弁設立。停止製油所で航空燃料を製造予定。日本海洋掘削を連結子会社化へ。EV普及見据え基礎充電設備、EV充電ネットワークの拡充を推進。
(5201) AGC ガラス大手。ガラス、電子部材、化学品が柱。バイオ、5Gを強化。22/12月期事業別売上高構成(調整額除く)ガラス43.1%、電子14.7%、化学品38.0%、セラミックス・その他4.1%。タイの生産能力増強。米ソーダ灰生産・販売子会社整理、自動車用ガラス事業改革。EUV露光用フォトマスク、合成医薬品、遺伝子・細胞治療向けCDMOの生産増強。
(7259) ㈱アイシン トヨタ系部品大手。自動変速機シェア首位。23/3月期事業別売上収益構成、自動車部品97.2%(パワートレイン55.7%、走行安全20.4%、車体18.6%、CSS2.5%、エナジーソリューション2.8%。同所在地別構成比、日本50.4%、北米18.5%、欧州7.8%、中国12.1%、アジアその他11.2%。2025年めどに「イーアクスル」発売予定。IT子会社吸収。
(8306) ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 国内最大民間金融グループ。22/4-12月期事業本部別営業純益構成(本部・その他除く)市場23.0%、コーポレートバンキング20.6%、グローバルCIB19.1%グローバルコマーシャルバンキング14.9%、デジタルサービス10.8%、法人・リテール6.3%、受託財産5.3%。メガバンク他行等とメタバース経済圏創出で合意。印のノンバンクに出資契約。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会