三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2020年2月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(2331)ALSOK 警備事業大手。常駐、金融機関警備に強く防災業務も。法人、家庭向け機械警備の契約増。19/4-12期事業部門別売上高構成比(その他、調整額除く)セキュリティ79.0%、綜合管理・防災14.8%、介護6.2%。バス自動運転公道実験の遠隔管制業務を実施。東京2020オフィシャルパートナー。「マルチ決済サービス」の提供開始。
(4613) 関西ペイント 塗料大手。19/4-9期分野別売上高構成比、自動車31.1%、工業27.9%、建築27.3%、船舶鉄構5.4%、その他8.3%。同期地域別売上高構成、日本37.8%、インド21.6%、アジア14.2%、アフリカ8.2%、欧州16.7%、その他1.5%。国内自動車向け好調、建築向け採算改善。省人化・人手不足対応で作業時間短縮可能な塗料など拡販中。
(6849)日本光電 医用電子機器専業。脳波計、心電計、生体情報モニタ等AED強い。19/4-9期商品別売上高構成比(機器53.4%、消耗品・保守46.6%。)生体計測器23.2%、生体情報モニタ34.4%、治療機器18.4%、その他24.0%。海外向け比率24.8%(うち米州50.3%)。心臓カテーテル検査装置が増加。生体情報モニタも新製品が国内向け伸長。
(6902)(株)デンソー 自動車部品世界2位。19/9期トヨタ向け売上収益45.5%。19/4-12期地域別売上収益構成(その他、消去又は全社除く)日本51.0%、北米18.6%、欧州9.2%、アジア21.1%。未来の「電動化」、「自動運転」、「AI」、「Maas」、「量子コンピューティング」、「ファクトリーIoT」向けに取組み強化。インバータのシェア拡大を目指す。
(9433) KDDI 総合通信大手。「au」ブランドの携帯が主力。19/4-9期部門別売上高構成(セグメント間、その他、調整額除く)パーソナル86.2%(総合ARPA43.3%、MVNO1.2%、固定通信料15.5%、端末販売12.4%、その他13.8%)、ビジネス13.8%。IoTを軸にビジネス部門順調。配信や金融・決済など非通信事業のライフデザイン領域に注力。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(3402) 鉄建建設 鉄道工事に強いJR東日本系ゼネコン(19/3期鉄道向け44.1%)。19/4-9期売上高構成比(その他、調整額除く)土木49.1%、建築36.4%、不動産0.6%、付帯13.9%。五輪直前の駅改良工事が竣工中。「品川開発プロジェクト」、「羽田空港アクセス線」など、大型案件の受注獲得を目指す。ハノイ市エンサ下水道整備事業を受注。
(3397)(株)トリドールホールディングス 低価格セルフ式うどん店「丸亀製麺」中心に焼き鳥、レストラン等展開。海外積極注力。国内1123(内、丸亀製麺824)、海外602店舗。19/4-9期売上収益構成比(その他、調整額除く)丸亀製麺70.0%、カフェ3.7%、豚屋とん一2.6%、海外23.7%。既存店客数が増加し既存店売上高伸びる。ハワイWaikiki店に加え米国本土へ注力。
(6460)セガサミーホールディングス 総合娯楽メーカー。傘下にパチスロのサミー、ゲームソフト・アミューズメント機器・施設のセガ、リゾート事業等。19/4-9期事業別売上高構成比(調整額除く)遊技機26.8%、エンタテインメントコンテンツ69.9%、リゾート3.3%。利益率の高い過去作品のダウンロード伸びる。各事業で大型タイトル作品を投入の予定。
(6701)NEC 通信、IT機器、サービス大手。19/4-12期部門別売上収益構成(その他、調整額除く)パブリック30.4%、エンタープライズ16.1%、ネットワークサービス16.4%、システムプラットフォーム20.0%、グローバル17.1%。企業のIT投資で開発好調。ウィンドウズ7終了で、法人向けPC需要増。世界一の顔認証技術と導入実績誇る。
(9101)日本郵船 海運国内首位。陸上(郵船ロジスティクス)、航空サービス(日本貨物航空)展開。19/4-9期事業別売上高構成比(調整額除く)一般貨物輸送(定期船12.1%、航空運送4.2%、物流27.8%)、不定期専用船46.6%、その他(不動産0.4%、その他8.9%)。コンテナ、ばら積み、原油船など復調。自律運航船の実用化をめざす。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(5020)JXTGホールディングス 石油元売り最大手。JXホールディングスと東燃ゼネラル石油が統合。20/6事業持株会社へ移行し「ENEOSホールディングス」に社名変更。19/4-9期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)エネルギー88.5%、石油・天然ガス開発1.2%、金属10.3%。プリファード・ネットワークスに出資、化学プラント自動制御技術を開発へ。
(5482) 愛知製鋼 トヨタグループ系素材メーカー。特殊鋼大手。19/4-12期事業別売上高構成(調整額除く)鋼(ハガネ)53.8%、鍛(キタエル)35.0%、スマート5.0%、その他6.2%。販売価格上昇、収益改善活動で回復。昨年インド特殊鋼会社に参加、拠点への供給目指す。トヨタグループと連携、石灰を利用した反復可能な蓄電システムを開発。
(7267) ホンダ 二輪車世界首位。乗用車は米国依存度高い。19/4-9期所在地別売上収益構成(消去又は全社除く)日本24.3%、北米46.4%、欧州4.2%、アジア21.3%、その他3.8%。中国新車販売は好調。いすゞと燃料電池大型トラックの共同開発を発表。日本郵便が配達業務に電動二輪車導入。中古車でのサブスクリプションサービス開始。
(8053)住友商事 商社大手。昨年12月で100周年。鋼管、メディア、非鉄に特色。19/4-9期部門別売上収益構成(消去又は全社除く)金属24.3%、輸送機・建機15.3%、インフラ12.2%、メディア・デジタル7.4%、生活・不動産19.3%、資源・化学品21.5%。DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを加速。IIJと提携ローカル5Gに参入。
(8316)(株)三井住友フィナンシャルグループ 銀行、リース、証券、クレジットカード、コンシューマーファイナンス等展開する金融グループ。19/4-12期連結事業部門別業務純益構成(金利・為替影響等調整前)リテール16.1%、ホールセール27.2%、国際26.1%、市場30.6%。次世代店舗へ改革実施。MUFGと店外ATM相互利用。ESG、デジタライゼーションの取組み推進。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会