三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2015年7月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(1803)清水建設 民間建築工事で強み。高採算工事の受注拡大。受注単価上昇、設備投資回復が寄与。15/3期の完成工事総利益率は7.3%(14/3期6.0%)に改善。北陸新幹線の長野から金沢区間で16件の建設工事施工。東京オリンピック、リニア中央新幹線関連の受注拡大に期待。深海未来都市構想など高技術保有。
(4208)宇部興産 16/3期部門別予想営業利益構成比(調整額除く)、化学25.3%、医薬4.0%、建設資材46.7%、機械・金属成形13.3%、エネルギー・環境8.0%等。自動車部品等使用・ナイロンコンパウンド(混練樹脂)海外生産拠点拡充。耐熱性・高強度のチラノ繊維を活用、航空機構造部材等向け先進複合材料の研究開発推進。
(6506)安川電機 サーボモータ(ロボットのアーム部分等に使用、細かい動作の制御可能)、インバータ(空調やエレベータに搭載、モーターの回転数制御で省電力化に貢献)、産業用ロボット等展開。15/3期部門別売上構成比、モーションコントロール(サーボモータ、インバータ等)47%、ロボット(産業用、半導体製造装置用等)34%等。サービスロボット市場開拓注力。
(6902)デンソー 15/3期得意先別連結売上高構成比、トヨタグループ46.7%、トヨタグループ外42.2%(ホンダ7.2%、現代・起亜3.3%、GM3.0%、クライスラー2.7%、スズキ2.5%、マツダ2.4%、フォード2.4%等)など。カーエアコン・電子制御式燃料噴射装置等で世界シェア首位製品多数保有。車の快適空間創出貢献、集中・視認・操作、支援拡充。
(8002)丸紅 穀物取扱量、独立系発電事業(海外持分発電容量1000万キロワット超)で強み。15/3期グループ別純利益構成比、食料10%、エネルギー・化学品-12%、金属-11%、機械(輸送機、電力・インフラ、プラント)45%、生活産業(ライフスタイル・紙パルプ、情報・金融・不動産)27%、海外28%等。買収したガビロンとのシナジー目指す。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(3402)東レ 航空機・自動車・圧縮天然ガスタンク・風力発電向け風車等で炭素繊維複合材好調、対象製品の裾野が広がる。14/11、米ボーイングから炭素繊維複合材1兆円分受注(14年~、10年以上供給)発表。海水淡水化等向け水処理膜で世界首位級シェア。自動車エアバック用素材・紙おむつ向け繊維拡大の見通し。
(6503)三菱電機 15/3期部門別連結営業利益構成比(消去他除く)、重電システム(電力・交通等の社会インフラ、ビル向け昇降機等)21.0%、産業メカトロニクス(FAシステム、自動車機器等)42.2%、情報通信システム(防衛・宇宙システム等)5.5%、電子デバイス(パワー半導体等)8.7%、家庭電器15.7%等。ロボット・センサー組合せた高度な自動化提案。
(7011)三菱重工業 MRJ(国産小型旅客機)は15/9~10に初飛行、17/4~6に初号機納入の各予定。15/3期部門別連結売上高構成比、エネルギー・環境(火力事業統合効果等で増収)40%、交通・輸送(民間航空機等中心に増収)13%、防衛・宇宙(宇宙等が増収)12%、機械・設備システム(ターボチャージャー・空調機等増収)33%等。
(7203)トヨタ自動車 16/3期連結予想純利益2兆2500億円。今年4月に完成車の組み立て工場の新設(メキシコ、中国・広州市)発表。車台・部品共通化、系列部品会社の事業再編、開発期間短縮等でコスト削減。新車開発の新設計手法、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)推進、燃費性能や動力性能の一層の拡充目指す。
(9101)日本郵船 総合物流事業展開。15/3期事業別連結経常利益構成比(調整額除く)、定期船(コンテナ船等)11.4%、航空運送0.8%、物流12.5%、不定期専用船69.7%等。不定期専用船は自動車輸送、ドライバルク(鉄鉱石、石炭、穀物等輸送)、リキッド(LNG、原油等輸送)各部門推進。自動車輸送・リキッド部門が堅調の予想。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(1928)積水ハウス 低層賃貸住宅、省エネ装備の高価格住宅、サービス付き高齢者向け住宅、住宅の改修等で一層の需要掘り起こし注力。工場生産効率向上、コスト削減推進。17/1期最終年度の中期経営計画で配当性向40%、純利益20%メドに自社株買い、株主への総還元性向60%の方針。海外で環境配慮の開発展開。
(4634)東洋インキSCHD 凸版印刷系。印刷インキ国内トップ。15/3期関連事業別連結売上高構成比(その他・調整額除く、カッコ内営業利益ベース)、色材・機能材27.2%(47.5%)、ポリマー・塗加工20.6%(23.8%)、パッケージ21.9%(11.5%)、印刷・情報30.3%(17.2%)。同期地域別売上高構成比、日本57.0%、中国13.4%、その他29.6%。
(7201)日産自動車 電気自動車で強み。15/3期グローバル販売台数(カッコ内、同社調べシェア)531.8万台(6.2%)。国・地域別、日本62.3万台(11.8%)、中国(1~12月)122.2万台(5.5%)、米国140万台(8.4%)、カナダ11.8万台(6.3%)、メキシコ31万台(26.1%)、欧州(ロシア除く)58.2万台(3.8%)、ロシア17.3万台(7.6%)等。中国市場好調。
(8053)住友商事 創立100周年・20/3期連結純利益4000億円以上目標。15/3期は大口減損等で3103億円赤字計上、連結純損益732億円赤字(同減損等除く連結純損益2371億円黒字)。主な減損、米国タイトオイル開発1992億円、ブラジル鉄鉱石事業623億円等。今期予想連結純利益2300億円、黒字転換の見通し。
(8316)三井住友FG 15/3期連結純利益7536億円(14/3期比9.8%減)、国内融資業務は利ざや低下で不振、北米・アジア等の海外事業は貸出残高増加等で収益好調。同期末海外貸出金残高1760億ドル(11/3期末1040億ドル)、海外事業拡大目指す。保有の国債・地方債等平均残存期間1.8年、金利変動リスク対応で優位性。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会