三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2014年1月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(3382)セブン&アイHD セブン-イレブン・ジャパン(13/3末、世界店舗数5万店超)が好調。プライベートブランド(PB)商品が伸びる。15年度にPB売上高1兆円(12年度の約2倍)を目指す計画。高齢者や共働き世帯向けの宅配事業を充実。コンビニのサービス多様化推進。豊富な手元資金を活用、M&Aで一段と攻勢を強める方針。
(6501)日立製作所 火力発電・原子力発電・スマートシティー、鉄道等の交通システム、水・資源、ビッグデータ等のIT関連、電線・ケーブル、医療機器等を展開。政府成長戦略で社会インフラ輸出を10年・10兆円から20年・30兆円に拡大目標。多様な技術で受注獲得に注力。15年度、北米売上高1.2兆円(12年度比50%増)を目指す。
(7261)マツダ 16/3期世界生産台数170万台(13/3期・120万台)、海外生産比率50%(同・26%)の各目標。今年1月、メキシコ新工場が稼動予定。独自の低燃費技術「スカイアクティブ」搭載の「CX-5」、「アテンザ」等の販売が好調。原価低減や円安効果もあり、利益率の改善が進む予想。燃費性能の高さ等で差別化図る。
(8002)丸紅 穀物取扱量・独立系発電事業で国内商社首位。13/4.1、世界65カ国・地域に120箇所の拠点。16/3期連結純利益2500~3000億円(13/3期2057億円)目標。昨年7月、ガビロン社(米穀物保管能力3位)買収完了、ガビロン・集荷能力と丸紅・販売網で穀物メジャー首位目指す。米国産LNG開発推進。
(8604)野村ホールディングス アジアに立脚したグローバル金融サービスグループ目指す。アジア地域は巨額のインフラ投資の資金調達需要が継続する予想。アジアと日本・欧米を繋ぎ、金融資本市場で適切な資金循環促進のビジネス推進。経済の持続的成長に貢献する方針。13/11末営業部門顧客資産残高93.8兆円(12/3末・72.0兆円)。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(3402)東レ 昨年9月、炭素繊維メーカーの米ゾルテックの買収で合意、炭素繊維の世界シェアは30%強に。米ボーイング旅客機B787等の航空機用途・米シェールガス輸送等使用の圧縮天然ガスタンク向け炭素繊維好調、自動車向けの拡販目指す。海水淡水化用等の逆浸透膜世界大手。ユニクロ向け機能性肌着用繊維が伸びる。
(6444)サンデン 13/4-9期売上高構成比、自動車機器66.6%(コンプレッサー世界大手、同連結販売台数14/3期予想1540万台・前年度比3%増、ホンダ等の国内やアジア地区で伸びる)、流通システム30.0%(自動販売機・コンビニエンスストア等向け冷凍・冷蔵ショーケースの開発・生産・販売)、その他3.4%。13/3期海外売上高比率66%。
(7203)トヨタ自動車 13/3期地域別売上高構成比、日本25%、北米31%、欧州8%、アジア18%、その他18%。北米等の自動車販売好調、原価低減推進、円安効果等で営業利益が拡大。ハイブリッド車(HV)等のエコカー技術で優位性。プラグインHV(家庭の電源で充電可能)拡販推進。15年メド、燃料電池自動車を一般販売へ。
(8316)三井住友FG アジア・新興国のインフラ整備等のニーズ吸収、米国経済回復、欧州債務危機底割れ回避等で海外事業拡大継続。海外収益比率13/3期・30%(10/3期・20%)。M&A等を活用、アジア各国で大企業・中小企業・個人も含めた包括的な商業銀行業務を展開。SMBC日興証券と銀証融合モデルを作る方針。
(9735)セコム 企業向け高機能警備サービス(照明・エアコン等の設備制御等付加)好調、残業効率化・省エネ管理等で導入企業のコスト削減貢献、価格競争力の強い高付加価値サービス提供。高齢者世帯を見守るサービス等を拡充。アジア各国の警備契約64万件超(13/9末)。15年末海外売上高比率7.5%(13/3末・4.3%)目標。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(1928)積水ハウス 節電住宅普及は長期的政府目標の見通し。太陽光発電・燃料電池・蓄電池等を備えたゼロエネルギー住宅「グリーンファースト ゼロ」販売推進。エネルギー消費量を正味ゼロにする省エネ結集の新型住宅や耐震性に優れた高品質住宅拡販目指す。賃貸住宅の売上高が伸びる。海外の都市開発など多角化推進。
(3405)クラレ ポバール(水に溶ける特長、優れた接着性等)世界シェア35%(除く中国)。エバール(樹脂の中で最高の気体遮断性)世界シェア65%。ポリアミド樹脂「ジェネスタ」は耐熱性、耐薬品性等の特性、LED反射板や自動車向け用途で需要拡大、車体軽量化で樹脂使用に追い風。ジェネスタ事業は年率10%以上で成長。
(4502)武田薬品工業 13/3期地域別売上高構成比、日本47%、北米23%、欧州15%、他15%。08年抗がん剤に強い米ミレニアム社を88億ドル、11/9末にスイス製薬大手ナイコメッド(統合後進出国、28カ国が約70カ国)96億ユーロ、各100%子会社で買収。グローバル展開加速。14/3期~16/3期まで1株配当金180円維持の予想。
(8053)住友商事 13/4-9期は航空機リース事業好調等で輸送機・建機が伸びる。資源分野は苦戦。鋼管・鋼材取引・メディア事業等の非資源分野で強み。北米でシェールガスやシェールオイル向けシームレスパイプ販売堅調。米国でシェールオイル等の権益取得、同事業推進。出資比率向上等でCATV事業拡充。ネット通販事業を国内外で展開。
(8306)三菱UFJ.FG 国内・海外とも収益環境堅調。13/9末連結貸出金残高に占める海外貸出(海外支店・子会社)比率29.7%(11/3末・21.1%)。100%子会社の米ユニオンバンクはカリフォルニア州地盤の中堅銀行。アジアで中小企業・個人向け含む総合金融サービス業を展開。13/12にタイ・アユタヤ銀行の株式72%を買収、子会社化。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会