三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2022年8月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(1414)ショーボンドホールディングス 橋梁、道路などインフラ補修工事専業。材料・工法を研究開発し補修、予防、補強まで一貫体制。21/7-22/3月期工事売上高発注者別構成比、国土交通省16%、地方自治体23%、高速道路58%、その他4%。高速道路リニューアル案件増。東西カンパニー制で人員を機動的に配置、受注戦略を高める。大型工事取り込みと施工能力強化目指す。
(2181)パーソルホールディングス テンプスタッフとピープルスタッフが統合。22/3月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)スタッフィング53.6%、キャリア7.0%、プロフェッショナルアウトソーシング11.3%、ソリューション1.1%、アジアパシフィック27.0%。主力事業は企業の採用意欲回復で、事務系など案件増。企業と副業人材をマッチングする新サービス開始。
(5929)三和ホールディングス シャッター最大手。軽量、重量ともに首位。欧米にも拠点。22/4-6月期地域別売上高構成比(調整額除く)日本39.5%、北米37.9%、欧州21.1%、アジア1.5%。欧米でガレージ向けや産業用ドアの販売数増加。原材料高騰を製品価格転嫁で吸収。国内は大型再開発案件やオフィス設備の保守・点検サービスが伸長。北米市場中心にM&Aを検討。
(6055)ジャパンマテリアル 半導体・液晶向けガス・超純水・薬品・電力・空調等の供給管理。22/3月期事業別売上高構成比、エレクトロニクス関連96.3%(ガス供給装置製造4.5%、配管設計施工30.6%、販売管理31.0%、技術サービス27.0%、その他3.2%)、グラフィックスソリューション3.2%、太陽光発電0.5%。三井ハイテック熊本工場取得しTSMCにガス設備供給。
(6645) オムロン 感知・制御機器大手。電子部品、車載部品、健康器具も。22/4-6月期事業別売上高構成比(消去調整他除く)IAB(制御機器)51.2%、HCB(ヘルスケア)17.1%、SSB(社会システム)9.1%、DMB(電子部品)22.6%。半導体、EV関連投資の需要堅調。高齢化や健康意識から健康機器需要底堅い。血圧計の売上げ伸長。中国、インド向け注力。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(1893) 五洋建設 準大手ゼネコン。海上土木最大手(21年度国内土木受注実績海上比率56.9%)。海外で実績。22/3月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)国内土木39.3%、国内建築34.1%、海外建設26.6%。国土強靭化対策の加速化追い風。洋上風力分野に注力。北九州沖の洋上風力発電の洋上工事の優先権取得。シンガポールから大型病院建設受注。
(4887)サワイグループホールディングス ジェネリック(後発)薬大手。21年沢井製薬が持株会社化。米国展開。22/3月期地域別売上収益構成、日本84.5%、米国15.5%。医療機関別納入構成比、病院16.0%、診療所8.5%、薬局等80.5%、その他1.1%。前期は32製品発売。国内の他社供給停止で需要増加。国内市場シェア拡大と米国事業の事業投資とともに新たな成長分野の開拓に注力。
(5801)古河電気工業 光ファイバー軸に電装等4部門。22/3月期事業別売上高構成(調整額除く)インフラ30.9%、電装エレクトロニクス52.0%、機能製品13.5%、サービス・開発等3.6%。北米で高付加価値製品拡販、南米はFTTHやLANソリューション向け需要増。国内はネットワーク関連堅調。半導体製造向けテープ生産増強で工場新設へ。構造改革推進。
(6967)新光電気工業 富士通系半導体パッケージ総合メーカー。22/4-6月期部門別売上高構成比、ICリードフレーム18.1%、ICパッケージ67.0%、気密部品およびその他14.9%。ICパッケージはサーバー向け増勢、静電チャックは半導体製造装置向け好調。6月着工の長野県新工場は23年11月竣工予定。リードフレームは自動運転、EV向けに需要拡大続く。
(7270)(株)SUBARU 水平対向エンジン、4WD、安全技術、航空機に特色。トヨタ系。22/3月期市場別完成車販売台数構成、国内12.1%、米国68.9%、カナダ6.7%、ロシア0.6%、欧州2.1%、豪州4.5%、中国1.9%、その他3.2%。27年めどに群馬にEV専用工場新設を計画。30年に40%以上の電動化シフト目標。陸上自衛隊新多用途ヘリコプター量産初号機を納入。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(4061) デンカ 特殊合成ゴム、機能樹脂製品。電子先端分野へ展開。22/3月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)電子・先端プロダクツ24.4%、ライフイノベーション12.5%、エラストマー・インフラソリューション28.9%、ポリマーソリューション34.2%。半導体、EVの放熱材向け球状アルミナが好調。海外工場の本格的稼働で世界シェア6割に。
(5076)インフロニア・ホールディングス 21/10前田建設、前田道路、前田製作所の持株会社として設立。22/3月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)建築33.5%、土木21.8%、舗装36.1%、機械5.7%、インフラ運営2.9%。総合インフラ企業をめざし、東急Gと共同で2種類のインフラファンド、新事業プラットフォームを構築。今後も積極的に不足領域のM&Aを実施の予定。
(6302)住友重機械工業 住友系総合重機大手。12月決算移行。タービン、タンカーはじめ変減速機や射出成形機など。22/3月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)メカトロニクス17.3%、インダストリアルマシナリー24.6%、ロジスティックス&コンストラクション36.3%、エネルギー&ライフライン21.8%。ステラファーマとがん治療装置の海外展開で提携。
(8316) (株)三井住友フィナンシャルグループ 国内3大金融グループ一角。傘下に銀行、証券、アセット、カードなど。22/4-6月期事業部門別業務純益構成比、ホールセール25.8%、リテール9.9%、グローバル36.8%、市場27.5%。非代替性トークン(NFT)事業参入を発表。傘下の三井住友カードとSMBCモビットを来年7月合併予定。弁護士ドットコムと「AI契約書管理」を開発。
(8591) オリックス リース中心に生保、不動産など事業多角化。22/3月期事業別売上収益構成比(調整額除く)法人営業・メンテナンスリース17.6%、不動産15.5%、事業投資・コンセッション15.3%、環境エネルギー6.3%、保険19.3%、銀行・クレジット3.4%、輸送機器1.5%、米国6.4%、欧州8.8%、アジア・豪州5.9%。大阪万博IRの設置運営事業予定者に選定。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会