三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2018年6月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(3402)東レ 航空機向け炭素繊維で優位性。原料高はマイナスだが、25年の世界炭素繊維複合材需要額は17年比倍増予想、風力発電・ガスタンク・自動車向け等の拡販目指す。19/3期予想部門別営業利益構成比(調整額除く)、繊維40.3%、機能化成品40.3%、炭素繊維複合材料8.7%、環境・エンジニアリング8.2%等。
(4217)日立化成 日立製作所持株比率51.2%(17/9期)。18/3期部門別売上高構成、機能材料(半導体向け電子材料、リチウムイオン電池用負極材、機能性樹脂、配線板材料等)44.7%、先端部品・システム(自動車部品、車両用電池、産業用電池・システム、診断薬・装置等)55.3%。同期地域別売上構成、日本37.1%、アジア43.2%等。
(6141)DMG森精機 需要増に対応、工作機械生産能力を20年目処に現状比30%拡大へ。17/12期地域別連結機械受注構成(金額、機械本体)、ドイツ19%、EMEA(ドイツ除く欧州、ロシア等)33%、日本16%、米国15%、中国8%等。同期業種別受注構成(同)、機械24%、自動車・2輪18%、SMEs20%、航空・宇宙11%等。
(6301)コマツ ICT(情報通信技術)、無人ダンプトラック運行システムの活用強化。「コムトラックス プラス」は鉱山・砕石向け大型機械装着、リアルタイムで機械の状況把握。部品・サービス事業一段と拡充。米大手鉱山機械メーカーのジョイ・グローバル(現コマツマイニング)買収を17/4完了。鉄鋼等のコスト増に対応、需要好調追い風に製品値上げ推進。
(7012)川崎重工業 18/3期部門別営業利益構成比(調整額除く)、精密機械(建設機械向け油圧機器、産業用ロボット等)34.8%、航空宇宙33.6%、モーターサイクル&エンジン24.5%、ガスタービン&機械23.7%、プラント&環境4.7%、船舶海洋-6.1%、車両-20.0%等。鉄道車両は採算重視の受注活動推進。産業用ロボット世界シェア約6%。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(2802)味の素 18/3期部門別売上構成比、日本食品(調味料・加工食品、冷凍食品、コーヒー類)31.8%、海外食品(調味料・加工食品、冷凍食品、加工用旨味調味料、甘味料)38.5%、ライフサポート(動物栄養等)11.3%、ヘルスケア(アミノ酸等)8.8%等。アミノエール(60代以上の加齢により衰える筋肉のサポート)等の機能性表示食品好調。
(5108)ブリヂストン タイヤ売上高世界首位。18/1-3期は原材料高で多角化事業の屋根材の採算悪化、主力のタイヤ事業は値上げ浸透注力。鉱山車両用超大型タイヤ・SUV向け大口径タイヤ好調。鉱山車両用タイヤの交換時期案内をシステム化。パンクでも一定距離走行可能なランフラットタイヤ、低燃費タイヤ等の高付加価値品の拡販目指す。
(5482)愛知製鋼 トヨタ自動車グループの特殊鋼大手。ハイブリッド車のインバーター用放熱部品で高シェア。家電や自動車向けモーターの需要が伸びる磁石、自動運転システム・医療・スポーツ向けの需要開拓も視野に入れる磁気センサ等の各事業拡充。磁気マーカーシステム(道路に埋めた磁石の磁気を車載のMIセンサが検知して走行)の実現推進。
(6503)三菱電機 シーケンサー(搭載設備に稼働指示、生産情報集約機能)で強み。工場・ビル・都市整備等でIoT活用推進、省エネ・自動化のシステム構築注力。IoT基盤「エッジクロス」対応のアプリケーション(応用ソフト)拡販目指す。先進国、中国等の新興国で工場自動化ニーズが継続して伸びる予想。20年度まで売上高5兆円以上の目標。
(8766)東京海上ホールディングス 15年米HCC社(専門性高いスペシャルティ保険で優位性)、17年米AIGの企業・団体向け医療保険事業を各買収。インド等のアジア・新興国を一段と開拓。18/3期事業別経常益構成(連結調整等除く)、国内損保68.0%、国内生保4.8%、海外保険25.7%等。今期は海外保険事業等の伸びで経常増益予想。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(2914)JT 国内たばこ事業の紙巻きたばこの減少が継続、海外たばこ事業、医薬事業は堅調続く。加熱式たばこ「プルーム・テック」の拡販目指す。17/12期部門別売上構成比(消去除く、カッコ内営業利益ベース)、国内たばこ29.0%(38.4%)、海外たばこ58.0%(58.0%)、医薬4.8%(4.3%)、加工食品7.5%(1.0%)等。
(7751)キヤノン 医療機器・監視カメラ・商業印刷・産業機器(有機EL装置等)の新規事業拡充。18/1-3期は半導体露光装置が伸びる。デジタルカメラの生産自動化を推進、プリンターなど他の製品にも生産自動化を広げ、収益力向上を図る方針。ロボティクスアイ(ロボットアームの先、カメラ装着システム等)注力。17/12期1株配当金160円。
(8002)丸紅 18/3期末銅持分生産能力(銅地金換算)年間15万トン、EV拡大で銅需要増加の予想。同期末持分発電容量12.2GW。資源分野(エネルギー・金属から鉄鋼製品事業控除)を除いた非資源分野の純利益全体に占める比率、08年度34%、12年度71%、17年度94%。米ガビロン等と穀物事業の拡充目指す。
(8316)三井住友フィナンシャルグループ 国内の利ざや縮小に対応、店舗改革等の経費削減、グループ内事業再編、海外分野拡充推進。18/3末有価証券評価益2兆4102億円(株式2兆1736億円、債券465億円等)、同期末不良債権比率0.78%(12/3末2.59%)。同期末三井住友銀行・貸出金に占める海外店等比率28.0%(12/3末16.3%)。
(8591)オリックス 18/3期純利益3131億円(17/3期2732億円)。18/3期事業別経常益構成(調整額除く)、海外24.8%、事業投資22.4%、リテール17.4%、不動産14.5%、 法人金融サービス11.5%、メンテナンスリース9.4%。19/3期からの中期経営計画・純利益年成長率4~8%目標。インフラ・環境投資拡大。18/3期1株配当金66円。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会