三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2022年12月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(2331) ALSOK 警備サービス大手。金融機関向け特色。22/4-9月期事業別売上高構成比、セキュリティ(機械警備36.4%、常駐警備26.1%、警備輸送14.2%)、綜合管理・防災12.6%、介護9.6%、その他1.1%。セキュリティ9月末時点契約件数、国内約261万件、海外103万8000件。海外で大型セキュリティシステム販売が伸長。安否確認サービス(アプリ版)開始。
(4812) ISID 電通グループ子会社。金融・製造業向け特色。22/1-9月期事業別売上高構成比、金融ソリューション22.0%、ビジネスソリューション14.4%、製造ソリューション28.3%、コミュニケーションIT35.3%。4部門とも金融、商社・⼩売・サービス、輸送および電気・精密、サービス・製薬向けに案件が好調。SAP案件もサービス・製造業中⼼に拡⼤。
(5108)㈱ブリヂストン タイヤ世界首位。海外拠点拡張。22/1-9月期地域別売上収益構成比(セグメント間消去他除く)日本23.1%、米州45.7%、欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ20.5%、中国・アジア・大洋州10.7%。ロシアから撤退。米国中心に値上げが浸透。利幅の大きい高インチタイヤ(乗用車)や鉱山車両用タイヤの販売好調。2030年に向けた長期計画実施。
(5801)古河電気工業 電線大手。光ファイバー中心に多角化。22/4-9月期事業別売上高構成比(調整額除く)インフラ29.7%、電装エレクトロニクス54.5%、機能製品13.0%、サービス・開発等2.8%。銅価格上昇を転嫁し、インフラ、自動車向け電装品およびデータセンター向け機能製品好調。子会社東特線株式をカーライルに売却。洋上風力発電向けケーブル開発。
(6841) 横河電機 工業計器大手。各種プラント向け制御システム販売。22/4-9月期地域別売上高構成比、日本27.0%、東南アジア・極東15.8%、中国17.1%、インド4.2%、欧州全域8.9%、ロシア1.9%、北米9.8%、中東・アフリカ12.2%、中南米3.1%。受注残が大幅増加。7月顧客向け製造業DX支援会社設立。エネルギー関連業種向けと幅広い素材関連向けが堅調。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(1928) 積水ハウス 鉄骨主力のハウス大手。戸建てから賃貸住宅、マンション展開。22/2-7月期事業別売上高構成比、(請負型)戸建て住宅12.6%、賃貸住宅14.7%、建築・土木10.3%、(ストック型)リフォーム5.8%、不動産フィー21.6%、(開発型)分譲住宅8.2%、マンション3.6%、都市再開発3.5%、国際17.0%、その他2.8%。7月米テキサスの戸建て事業会社買収。
(3436)㈱SUMCO シリコンウエーハ専業メーカー。世界シェア約3割、海外売上高比率約8割。大口径ウエーハに特色。パワー半導体向けでは供給能力首位。引き続き300ミリは供給を上回り、200ミリはフル生産を継続。車載、データセンター向けの需要が継続。来年3月三菱マテリアルの半導体用多結晶シリコン事業を取得予定。来年下期に新棟立上げを計画。
(6361) 荏原 ポンプ総合メーカー。固形廃棄物処理や半導体関連装置も。22/1-9月期事業別売上収益構成(その他、調整額除く)風水力56.5%、環境プラント10.9%、精密・電子32.6%。同所在地別構成比、日本49.5%、北米17.6%、アジア24.1%、その他8.7%。円安追い風に内外で主力ポンプ、半導体製造装置好調。昨年社長直轄の「水素関連プロジェクト」発足。
(7202)いすゞ自動車 トラック大手。中小型トラックで国内高シェア(普通トラック36.8%、小型トラック31.4%)。アジア中心に販売が増加。22/4-9月期地域別売上高構成比、日本29.9%、北米7.4%、アジア31.4%、その他31.4%。同期販売台数321,266台。年度内に小型トラックのバッテリーEV量産を開始。ユーグレナ由来原料100%のバイオディーゼル燃料試製。
(9513) J-POWER 2004年民営化。石炭火力と水力中心の電力卸。22/4-9月期事業別販売電力量構成比、水力13.5%、火力55.0%、風力1.1%その他15.9%、海外14.5%。価格上昇で卸売市場向け好調。3つ(米・英・インドネシア)の海外プロジェクトが商業運転開始。再生可能エネ販売も収入増。豪州初のCO₂の回収・輸送・貯留の実証事業に参画。国内でも実証開始。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(4061) デンカ 特殊合成ゴム、機能樹脂などファイン製品手掛ける化学メーカー。22/4-9月期事業別売上高構成比(調整額除く)電子・先端プロダクツ23.0%、ライフイノベーション10.6%、エストマー・インフラソリューション30.5%、ポリマーソリューション30.8%、その他5.1%。球状アルミナ新設備が今春本格稼働、拡販。アセチレンブラックの需要が拡大。
(5938)㈱LIXIL 住宅資材・住設機器の最大手。トステム、INAXなど統合。22/4-9月期事業別売上収益構成(調整額除く)ウォーターテクノロジー60.3%、ハウジングテクノロジー39.7%。国内外でリフォーム需要堅調。欧州、アジア太平洋地域中心に水回り製品好調。国内は窓中心の断熱需要続く。独、ドバイに物流拠点稼働。新シャワー開発で省エネ貢献。
(6471) 日本精工 ベアリング国内最大手。海外展開。22/4-9月期事業別売上高構成比(その他、調整額除く)産業機械43.3%(軸受け35.0%、精機製品8.3%)、自動車56.7%(軸受け31.4%、製品25.3%)。工作機械向け軸受け、ボールねじ好調。産機向け補修品強化。産機の東南アジア新工場、富山に新棟を計画。EV向け案件積み上げ。ステアリング事業再建目指す。
(7259)(株)アイシン トヨタ系部品大手。AWと統合。AT(自動変速機)世界首位。22/4-9月期事業別売上収益構成比、パワートレイン56.7%、走行安全20.5%、車体18.4%、CSS1.7%、エナジーソリューション2.7%。トヨタグループ向け65.0%。同海外売上収益50.5%。今期パワートレイン販売1,000万台(うち電動ユニット156万台)を予定。構内物流業務を見直し。
(8306) (株)三菱UFJ フィナンシャル・グループ 国内最大民間金融グループ。22/4-9月期事業本部別営業純益構成(本部・その他除く)デジタルサービス11.6%、法人・リテール5.9%、コーポレートバンキング19.1%、グローバルコマーシャルバンキング15.1%、受託財産5.7%、グローバルCIB18.7%、市場23.9%。米国子会社の株式売却。東南アジアでノンバンク買収へ。デジタル円実証実験へ。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会