三英傑シリーズ

ホーム三英傑シリーズ前版 > 2019年8月版

「三英傑シリーズ」

信長コース 注目ポイント
(3050)DCM ホールディングス ホームセンター最大手。カーマ(中部)、ダイキ(北海道)、ホーマック(四国)中心に経営統合。19/3‐5期末店舗数673店舗。同期事業別売上高構成比(その他・調整額除く)カーマ31.7%、ダイキ22.0%、ホーマック46.3%。増税前でエクステリア・リフォーム等高単価商品やPB商品が好調に推移。
(5706)三井金属 非鉄金属大手。電子材料主力。電解銅箔ではトップメーカー。19/3期部門別売上高構成比(調整額除く)機能材料29.4%、金属29.6%、自動車部品18.5%、関連22.5%。機能材料は電子材料用紛体、四輪向け触媒、銅箔5G関連製品の拡大を目指す。ガソリン車向けGPF触媒を開発、3年後量産化目指す。
(6326) クボタ 農業機械、鋳鉄管国内トップ。海外売上比率68%。19/1‐3期部門別売上構成比機械81.1%(農機・エンジン64.5%、建設機械16.6%)、水・環境17.2%(パイプインフラ関連11.4%、環境関連5.8%)等。国内は農機・建機、北米はトラクタが増加。中国の農機市場は低迷するがタイでトラクタが大幅増。
(6503)三菱電機 総合電機大手。19/3期事業部門別売上高構成比(消去除く)重電システム25.2%、産業メカトロニクス28.5%、情報通信システム8.3%、電子デバイス3.9%、家庭電器20.9%、その他13.2%。特許PCT出願ランキング世界2位、登録件数ランキング国内1位など事業優位性を守り技術・事業のシナジー目指す。
(9434)ソフトバンク ソフトバンクグループ国内通信子会社。「ソフトバンク」「ワイモバイル」展開。19/3期部門別売上高構成比(その他・調整額除く)コンシューマ72.1%、法人16.7%、流通11.2%。ヤフーを第三者引受で連結子会社化、「PayPay」などキャッシュレス事業に注力。8月より740億円上限に自社株買い実施。

PAGE TOP

秀吉コース 注目ポイント
(5019)出光興産 4/1昭和シェル石油と経営統合。石油元売り2位。部門別売上高構成比(その他・調整額除く)石油製品79.7%、石油化学製品13.3%、資源7.0%。アジア中心に非石油事業に投資拡大。今期、経営の統合効果を300億円見込み、1株当たり配当金160円と合わせ総還元性向50%をメドに自社株買いを予定。
(5333)日本ガイシ 5月に100周年。19/3期地域別売上高構成比日本28.9%、北米21.9%(米国20.6%、その他1.3%)、欧州23.9%(ドイツ13.0%、その他10.9%)、アジア21.3%(中国10.1%、その他11.3%)等。今期、排ガス規制強化でGPF需要増加、車載・産業機器向け絶縁放熱回路基板の需要が拡大見通し。独BASFとNAS電池販売で提携。
(5802)住友電気工業 電線、自動車用ワイヤーハーネス大手。19/3期事業別売上高構成比(調整額除く)自動車関連52.4%、情報通信関連6.4%、エレクトロニクス関連7.0%、環境エネルギー関連23.3%、産業素材関連10.9%。5G基地局向け電子デバイス生産能力増強、車載新製品、再生可能エネルギー市場への取組みを強化。
(7203)トヨタ自動車 自動車世界大手。トヨタ、レクサスブランドが柱。19/3期地域別車両販売台数構成、国内24.8%、海外75.2%(北米30.6%、欧州11.1%、アジア18.8%、中南米5.0%、オセアニア3.0%、アフリカ2.2%、中近東4.4%)等。単独保有する電動車特許を無償提供。CATLと新エネルギー車用電池パートナーシップを締結。
(8001)伊藤忠商事 総合商社大手。中国に強い。ユニー・ファミリーマートを連結子会社化。19/3期部門別収益構成比(その他及び修正消去除く)繊維5.1%、機械10.6%、金属5.8%、エネルギー・化学品27.2%、食料37.0%、住生活7.9%、情報・金融6.4%。次世代型モデルへ積極投資し、ピークアウトの資産と入れ替え推進。

PAGE TOP

家康コース 注目ポイント
(4005)住友化学 総合化学大手。19/3期部門別売上収益構成比(その他・調整額除く)石油化学33.4%、エネルギー・機能材料12.7%、情報電子化学17.4%、健康・農業関連事業15.0%、医薬品21.5%。リチウムイオン電池用セパレータ、バイオラショナル事業を拡大。高周波基板材料LCPなど5G向け関連部材ラインナップ。
(6113) (株)アマダホールディングス 世界トップクラスの金属加工機械メーカー。19/3期地域別売上収益構成比、日本44.1%、海外55.9%(北米20.0%、欧州18.6%、アジア他17.3%)。今期も新製品投入でファイバーレーザーマシンのラインナップ充実。ベンディング自動化ビジネス好調。主要機種に通信機器を標準搭載、アフターサービス徹底。
(7259)アイシン精機 トヨタ系機能部品大手。AT(自動変速機)世界シェア1位。19/3期製品別売上構成比、エンジン9.5%、ドライブトレイン46.2%、ブレーキ・シャーシ17.6%、ボディ19.5%、情報4.1%、住生活1.4%等。電動化商品(HVトランスミッション、eAxle等)積極的に投入、CASE対応商品を拡販。マネジメントの統合推進。
(8591)オリックス リース中心に融資、投資、生保、不動産、銀行等多角化。19/3期事業別収益構成(調整額除く)法人金融サービス3.9%、メンテナンスリース11.8%、不動産21.6%、事業投資25.1%、リテール17.5%、海外20.1%。大京と一体化推進。再生エネルギー事業の海外展開加速。米国アセットマネジメント事業を強化。
(9810)日鉄物産 4月日鉄住金物産から社名変更。日本製鉄系専門商社。19/3期部門別経常利益構成比(その他・調整額除く)鉄鋼72.6%、産機・インフラ7.5%、繊維12.2%、食糧7.7%。前期に三井物産鉄鋼事業を一部譲受。コイルセンターの競争力強化とアルミ・炭素繊維・樹脂の拡販を目指す。5期連続の増配を予定。

PAGE TOP

  • 日本証券協会特設サイトNISA(ニーサ)
  • 証券取引等監視委員会 情報提供窓口
  • 東証マネ部
  • 投資の日
木村証券株式会社

※「顔の見える証券会社」は木村証券株式会社により商標登録(【商標登録番号】 第4638528号 )されています。
金融商品取引業者 登録番号:東海財務局長(金商)第6号 加入協会:日本証券業協会